阪東 妻三郎(読み)バンドウ ツマサブロウ

  • 阪東 妻三郎 (ばんどう つまさぶろう)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の俳優



生年
明治34(1901)年12月14日

没年
昭和28(1953)年7月7日

出生地
東京市神田区橋本町(現・東京都千代田区)

本名
田村 伝吉

別名
愛称=阪妻(バンツマ),前名=片岡 千久満,沢村 紀千助,阪東 要二郎

学歴〔年〕
日本橋高小〔大正5年〕卒

経歴
大正5年11代目片岡仁左衛門の門に入り、片岡千久満の名をもらって歌舞伎の舞台を踏んだ。その後地方巡業や端役で映画に出たが、11年青年歌舞伎座を作り阪東妻三郎を名乗った。12年マキノ映画製作所に入社。同年「紫頭巾・浮世絵師」に出演、端役ながらそのニヒリストぶりが注目を浴び、つづいて沼田紅緑監督「鮮血の手型」前後編で主役、リアルな立ち回りで人気を得た。14年二川文太郎監督の「江戸怪賊伝・影法師」と「雄呂血(おろち)」でチャンバラ・ファンを熱狂させ、“阪妻”の名は全国に広まり、“剣戟王”と呼ばれた。同年阪妻プロを作り、昭和6年千葉に撮影所を建てたが火事で消失。新興キネマに移ったがトーキー出現で発声が不向きで人気は下降線をたどる。12年日活京都へ移り、マキノ正博の「恋山彦」で復活。発声も克服し、16年稲垣浩の「江戸最後の日」勝海舟役で好演。17年田口哲の「将軍と参謀と兵」で初の現代劇。18年稲垣の「無法松の一生」で富島松五郎役、23年伊藤大輔の「王将」で坂田三吉役を熱演し、日本映画を代表する名優の一人となる。他に「尊王」「闇」「血煙高田の馬場」「破れ太鼓」「おぼろ駕籠」など200本の映画に出た。田村高広、正和、亮は遺児

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
俳優

本名
田村 伝吉

別名
愛称=阪妻(バンツマ),前名=片岡 千久満,沢村 紀千助,阪東 要二郎,監督名=岡山 俊太郎

生年月日
明治34年 12月14日

出生地
東京市 神田区橋本町(東京都千代田区)

学歴
日本橋高小〔大正5年〕卒

経歴
大正5年小学校を卒業して11代目片岡仁左衛門に弟子入り、片岡千久満の名をもらって歌舞伎の舞台を踏む。その後、地方巡業や端役で映画に出たが、11年東京青年歌舞伎団を作り、阪東妻三郎を名乗った。12年マキノ映画製作所に入社。同年「紫頭巾・浮世絵師」に出演、端役ながらそのニヒリストぶりが注目を浴び、続いて沼田紅緑監督「鮮血の手型」前後編で初めて主演、リアルな立ち回りが評判となった。14年阪東妻三郎プロダクションを設立。同年二川文太郎監督の「江戸怪賊伝・影法師」「雄呂血(おろち)」、15年志波西果監督「尊王」で剣戟俳優として人気を確立。旧来ない大胆で激しい殺陣で新しいチャンバラ映画を生み出して“阪妻”の名は全国に広まり“剣戟王”と呼ばれたが、やがてマンネリに陥り、トーキー時代に入ると細くてかん高い声と古くさいセリフ回しが“剣戟王”のイメージとそぐわず、不振を余儀なくされた。昭和12年プロダクションを解散して日活京都へ移り、マキノ正博監督の「恋山彦」で復活。努力により発声も克服し、16年稲垣浩監督の「江戸最後の日」では勝海舟役を好演。17年田口哲監督の「将軍と参謀と兵」で現代劇に初挑戦した。18年稲垣の「無法松の一生」で富島松五郎役、23年伊藤大輔監督の「王将」で坂田三吉役を演じ、無知な庶民ながらも純粋な心を持つ人間像を描き出し、日本映画を代表する名優の一人となった。24年木下恵介監督の現代劇「破れ太鼓」でコミカルなカミナリ親父を演じて好評を博した。28年勝海舟の父に扮した時代劇「あばれ獅子」の撮影中に倒れ、51歳で急逝した。他の代表作に「血煙高田の馬場」「牢獄の花嫁」「おぼろ駕籠」「大江戸五人男」などがある。没後、長男の田村高広、三男の正和、四男の亮も俳優として大成した。岡山俊太郎の名で監督も手がけた。

没年月日
昭和28年 7月7日 (1953年)

家族
長男=田村 高広(俳優),三男=田村 正和(俳優),四男=田村 亮(俳優),孫=田村 幸士(俳優)

伝記
巣鴨撮影所物語―天活・国活・河合・大都を駆け抜けた映画人たち大林宣彦の映画談議大全『転校生』読本―ジョン・ウェインも、阪東妻三郎も、…田村高廣の想い出―日本人への遺言純情無頼―小説阪東妻三郎資料が語る丹下左膳の映画史―大河内伝次郎から豊川悦司まで阪妻―スターが魅せる日本映画黄金時代純情無頼―小説阪東妻三郎映画は陽炎の如く剣戟王阪妻の素顔―家ではこんなお父さんでしたキクゾーのチャンバラ大全剣戟王 阪東妻三郎マキノ出身のチャンバラスター―鳥人・高木新平 月形龍之介 阪東妻三郎 嵐寛寿郎殺陣―チャンバラ映画史嵐寛が風にゆがんだ俳優(スター)の美学 渡辺 武男 著大林 宣彦 著渡辺 一雄 著高橋 治 著田中 照禾 著山根 貞男 編,「阪妻映画祭」実行委員会 企画・監修高橋 治 著犬塚 稔 著田村 高広 著林家 木久蔵 著丸山 敞平 著伊吹 映堂 著永田 哲朗 著武田 秀夫 著佐藤 忠男 著(発行元 西田書店角川学芸出版,角川グループパブリッシング〔発売〕ビジネス社文芸春秋川喜多コーポレーション,展望社〔発売〕太田出版文芸春秋草思社ワイズ出版ワイズ出版ワイズ出版ワイズ出版社会思想社朝日新聞社未来社 ’09’08’06’05’04’02’02’02’01’01’98’97’93’91’87発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1901年12月13日
大正時代;昭和時代の俳優
1953年没
生年月日:1901年12月14日
大正時代;昭和時代の俳優
1953年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阪東 妻三郎の関連情報