阿久根(市)(読み)あくね

日本大百科全書(ニッポニカ)「阿久根(市)」の解説

阿久根(市)
あくね

鹿児島県北西部、東シナ海に面する市。1952年(昭和27)市制施行。1955年三笠(みかさ)町を編入。肥薩(ひさつ)おれんじ鉄道が通じ、国道3号から389号を分岐している。南九州西回り自動車道の出水(いずみ)インターチェンジ(出水市)と阿久根インターチェンジ間が開通している。南には出水山地、北には長島がある。海岸は海食地形が発達して変化に富み、北西部の海岸、阿久根大島などが阿久根県立自然公園に指定される。古くから陸海交通の要地で、『延喜式(えんぎしき)』の宿駅、英禰(あくね)にあたる。中世、英禰氏が島津氏に服してから島津領。近世には薩摩(さつま)と肥後、肥前を結ぶ分岐点として重要な位置を占め、海運、密貿易の盛んな港町として発展した。島津氏直轄の阿久根郷として麓(ふもと)(外城(とじょう))が置かれた。今日では県内有数の水産都市として知られ、アジ、イワシ、サバなどの水揚げが多く、これらを原料とする水産加工業も盛んである。農業は暖地気候を生かした特産のボンタンや、デコポンソラマメなどを栽培している。観光地としては、野生ジカが生息し海水浴やキャンプでにぎわう阿久根大島黒之瀬戸大橋阿久根温泉が有名。県指定無形民俗文化財として、波留南方(はるみなかた)神社の神舞(かんめ)がある。面積134.29平方キロメートル、人口2万1198(2015)。

[平岡昭利]

『『阿久根市誌』(1974・阿久根市立図書館)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android