コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿久根[市](読み)あくね

百科事典マイペディアの解説

阿久根[市]【あくね】

鹿児島県北西部,天草灘に面する市。1952年市制。肥薩おれんじ鉄道,国道3号線が通じる中心の阿久根は古来海上交通の要地で,漁港としても発展,アジ,イワシ,サバの水揚げが多く,水産物加工も盛ん。市域は耕地が少ないが,キヌサヤエンドウ,ソラマメ,キウイフルーツなどを産し,ボンタンなどミカン類も特産。畜産も盛んで加工も行われる。天草諸島・長島との間に黒之瀬大橋がかかる。阿久根温泉(食塩泉,48℃)がわき,周囲は海岸景勝地で雲仙天草国立公園にも近い。134.29km2。2万3154人(2010)。
→関連項目長島(鹿児島)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あくね【阿久根[市]】

鹿児島県北西部の天草灘に面する港市。1952年市制。人口2万7506(1995)。市の大部分出水いずみ)山地西部の山地で平地に乏しく,西流する高松川河口だけに小平野が開け,古くから地方の小中心であった。阿久根港,倉津港などの良港があって,アジ,サバ,イワシ,タイなどが水揚げされ,水産加工も盛んである。1912年波留(はる)地区に温泉(食塩泉,43~46℃)が発見され,観光保養地としても着目され,沿岸2kmにある大島を含めた県立自然公園が53年に成立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android