コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿久根[市] あくね

2件 の用語解説(阿久根[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

阿久根[市]【あくね】

鹿児島県北西部,天草灘に面する市。1952年市制。肥薩おれんじ鉄道,国道3号線が通じる中心の阿久根は古来海上交通の要地で,漁港としても発展,アジ,イワシ,サバの水揚げが多く,水産物加工も盛ん。
→関連項目長島(鹿児島)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あくね【阿久根[市]】

鹿児島県北西部の天草灘に面する港市。1952年市制。人口2万7506(1995)。市の大部分は出水(いずみ)山地西部の山地で平地に乏しく,西流する高松川河口だけに小平野が開け,古くから地方の小中心であった。阿久根港,倉津港などの良港があって,アジ,サバ,イワシ,タイなどが水揚げされ,水産加工も盛んである。1912年波留(はる)地区に温泉(食塩泉,43~46℃)が発見され,観光保養地としても着目され,沿岸2kmにある大島を含めた県立自然公園が53年に成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

阿久根[市]の関連キーワード劉邦高祖劉邦岡山(県)馬王堆漢墓農家柔道地方議員の年金北九州八幡東病院全国高校駅伝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone