阿閦仏(読み)あしゅくぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿閦仏
あしゅくぶつ

サンスクリット語 Akṣobhya音写。阿 閦べい,阿 閦婆とも音写され,無動,無瞋恚などと漢訳される。その国土を,阿比羅提 (あひらだい) Abhiratiといい,大日如来のもとで怒りと淫欲を断つことをなしとげて仏となったとされる。密教では,金剛界の五仏の一つとされ,東方に配される。形像結跏趺坐し,左手は衣の端を握って腹前におき,右手は膝上から指が地に触れるようにする。安祥寺の五仏中の1体,西大寺四仏中のものなどが最も古い遺例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あしゅく‐ぶつ【阿閦仏】

《〈梵〉Akṣobhyaの音写。瞋(いか)らないの意》東方の阿比羅提国(あひらだいこく)に出現した大日如来のもとで発願・修行して成仏し、現在もその国土で説法しているとされる仏。「阿閦仏国経」2巻に説かれている。また、密教で、金剛界の五仏の一。東方に住み、五智の一つ、大円鏡智を表す。阿閦如来。あしく。あしくば。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あしゅくぶつ【阿閦仏】

大日如来の説法を聞いて発願し、修行ののち成仏して東方の善快という浄土で説法しているという仏。あしく。あしくば。
密教で、金剛界の五智如来の一。東方に位置して大円鏡智をあらわす。あしく。あしくば。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


あしゅくぶつ

大乗仏教の如来(にょらい)の名。サンスクリット語の、アクショービヤAkobhyaの訛(か)音写で、正しくは阿婆あるいは阿(べい)また無動、無瞋恚(むしんに)と訳される。昔、この娑婆(しゃば)世界を去るはるか東方に、阿比羅提(あひらだい)(アビラティAbhirati)と名づける浄土があり、そこに出現した大日(だいにち)如来の教えを受けて、怒りを断じて悟りを得ようとの願いをおこし、長年にわたり功徳を積んだ結果、ついに成仏したのが阿仏で、いまもその浄土で説法していると『阿国経』に説かれている。インドにおいて阿仏の信仰は、西方の阿弥陀(あみだ)仏の信仰よりも古くから行われていたが、弥陀信仰が盛んになるに及んで衰えてしまった。[高橋 壯]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android