コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿閦仏 あしゅくぶつ

4件 の用語解説(阿閦仏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿閦仏
あしゅくぶつ

サンスクリット語 Akṣobhyaの音写。阿 閦べい,阿 閦婆とも音写され,無動,無瞋恚などと漢訳される。その国土を,阿比羅提 (あひらだい) Abhiratiといい,大日如来のもとで怒りと淫欲を断つことをなしとげて仏となったとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あしゅく‐ぶつ【阿閦仏】

《〈梵〉Akṣobhyaの音写。瞋(いか)らないの意》東方の阿比羅提国(あひらだいこく)に出現した大日如来のもとで発願・修行して成仏し、現在もその国土で説法しているとされる仏。「阿閦仏国経」2巻に説かれている。また、密教で、金剛界の五仏の一。東方に住み、五智の一つ、大円鏡智を表す。阿閦如来。あしく。あしくば。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あしゅくぶつ【阿閦仏】

大日如来の説法を聞いて発願し、修行ののち成仏して東方の善快という浄土で説法しているという仏。あしく。あしくば。
密教で、金剛界の五智如来の一。東方に位置して大円鏡智をあらわす。あしく。あしくば。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


あしゅくぶつ

大乗仏教の如来(にょらい)の名。サンスクリット語の、アクショービヤAkobhyaの訛(か)音写で、正しくは阿婆あるいは阿(べい)また無動、無瞋恚(むしんに)と訳される。昔、この娑婆(しゃば)世界を去るはるか東方に、阿比羅提(あひらだい)(アビラティAbhirati)と名づける浄土があり、そこに出現した大日(だいにち)如来の教えを受けて、怒りを断じて悟りを得ようとの願いをおこし、長年にわたり功徳を積んだ結果、ついに成仏したのが阿仏で、いまもその浄土で説法していると『阿国経』に説かれている。インドにおいて阿仏の信仰は、西方の阿弥陀(あみだ)仏の信仰よりも古くから行われていたが、弥陀信仰が盛んになるに及んで衰えてしまった。[高橋 壯]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿閦仏の関連キーワード大井大畑大平大窪大町大和田大通大沢大富大通北

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone