コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔡襄 さいじょうCai Xiang; Ts`ai Hsiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蔡襄
さいじょう
Cai Xiang; Ts`ai Hsiang

[生]大中祥符5(1012)
[没]治平4(1067)
中国,北宋の政治家,学者,書家。仙游 (福建省) の人。字は君謨。諡は忠恵。天聖8 (1030) 年の進士,累進して翰林学士三司使となる。書家としても知られ,王羲之 (おうぎし) 流の書風と神宗以後に盛行した顔真卿流の書風を兼ねそなえた書体で,蘇軾 (そしょく) ,黄庭堅米 芾 (べいふつ) と並んで宋の四大家として知られる。著作に『茶録』『茘枝譜』『蔡忠恵公集』など,また書道博物館蔵『謝賜御書詩表真跡』などの遺作もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

蔡襄【さいじょう】

中国,北宋の文人,書家。字は君謨(くんぼ)。忠恵と諡(おくりな)された。福建省の人。進士に合格して翰林学士,三司使となり一時宋の財政を総轄したが,英宗の誤解を受けて辞し,地方官を歴任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいじょう【蔡襄 Cài Xiāng】

1012‐67
中国,北宋の政治家,書家。字は君謨(くんぼ)。興化軍仙遊(福建省)の人。興化軍の治所が莆田であるので莆田の人ともいう。端明殿学士となったので蔡端明,忠蕙と諡(おくりな)せられたので蔡忠蕙,莆田の雅称をもって蔡莆陽ともいわれる。仁宗の天聖8年(1030)進士に合格,累進して翰林学士,さらに三司使になり,一時宋の財政を総括したが,英宗に誤解をうけ,知杭州軍事に転出,のち没した。正義感が強く,欧陽修と親交を結び,ともに韓琦(かんき),范仲淹(はんちゆうえん)ら,実力のある政治家を助けて反対派を忌憚なく攻撃した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蔡襄
さいじょう
(1012―1067)

中国、北宋(ほくそう)の政治家、書家。字(あざな)は君謨(くんぼ)。福建興化軍仙遊の人。1030年(天聖8)進士に合格。仁宗に仕えて信任厚く、累進して翰林(かんりん)学士、三司使となり、一時は宋国の財政を総括した。65年(治平2)英宗の誤解を受け、杭州(こうしゅう)知事に左遷ののち病没、吏部侍郎を贈られた。文学に長じ、また書においては、北宋様式の先駆者として重要な地位を占め、蘇軾(そしょく)、黄庭堅(こうていけん)、米(べいふつ)と並び「北宋四大家」と称される。その書は唐の顔真卿(がんしんけい)の影響を受けたもので、肥厚のなかに骨力を蔵している。とりわけ行・楷に優れ、蘇軾は彼を宋朝第一と評している。「万安橋碑」「謝賜御書詩表巻」「顔真卿自書告身跋(ばつ)」などの遺墨、『茶録』『蔡忠恵公集』などの著がある。[角井 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の蔡襄の言及

【書】より

…この思想は,その弟子の蘇軾(そしよく)(東坡),またその弟子の黄庭堅らにも受け継がれ,宋代士大夫の書論を大きく方向づけることになった。宋代の新しい書風を実作の面で打ち出したのは蔡襄(さいじよう),蘇軾,黄庭堅,米芾(べいふつ)のいわゆる宋の四大家である。彼らは,自己の人間性を天真のままに表現し,〈宋人は意を尚(たつと)ぶ〉と評されるような,自由闊達で,意志的な強さに特色のある書風を作り上げた。…

【宋代美術】より

…例えば北宋のモニュメンタルな山水画,南宋院体画の画家と鑑賞者の間のコンセンサスに支えられた洗練度などを見れば,宋代の絵画が世界のこの分野での一つの頂点をなしていることが理解される。 書の分野では,国初は古法帖や王羲之,王献之の名跡を収めた《淳化閣帖》の刊行が行われ,伝統的な書風が主流であったが,蔡襄が出て伝統的な技法の枠から書風を開放し,さらに蘇軾,黄庭堅らが自己の人間性を率直に表現することを推し進めた。米芾も晋・唐名跡の臨摹(りんも)から始めて平淡自然な書風を樹立したが,このような傾向は絵画における文人墨戯の成立と軌を一にするものである。…

※「蔡襄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蔡襄の関連キーワード長和命数法モーターショーの規模比較寛弘長和テビバイトテラテラバイト北山抄

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蔡襄の関連情報