コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄踏 ゆうとう

3件 の用語解説(雄踏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雄踏
ゆうとう

静岡県西部,浜松市南部の旧町域。浜名湖の南東岸にある。 1925年町制。 2005年浜松市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い西区の一部となった。日本武尊浜名湖から上陸したといわれる鵜踏渡しの地で,『和名抄 (倭名類聚抄 ) 』には雄踏郷 (おぶみのごう) とあり,合併前の宇布見村 (うぶみむら) といわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゆうとう【雄踏】

静岡県西部、浜松市の地名。浜名湖東岸に位置し、ウナギ養殖などが盛ん。たきや漁やねこ網漁などの伝統漁法が観光用として残る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雄踏
ゆうとう

静岡県西部、浜名郡にあった旧町名(雄踏町(ちょう))。現在は浜松市の南西部を占め、西区の南部を形成する地域。浜名湖東岸に位置する。旧雄踏町は、1925年(大正14)町制施行。2005年(平成17)周辺10市町村とともに浜松市と合併した。地域の北部は三方原(みかたはら)台地末端で赤粘土、南部は平坦(へいたん)な砂地、その中央部に市街地が形成されている。浜名湖大橋、雄踏大橋の完成で国道1号と通じるようになり、住宅団地が建設されるなど、都市化が進行し、他地域へ通勤する住民が増えている。花卉(かき)、トマトなど施設園芸、早出しタマネギ、レタスや、ウナギ養殖をはじめ湖内漁業が盛ん。近年伝統的漁法たきや漁、ねこ網漁が観光漁業として注目されている。宇布見(うぶみ)の中村家住宅は国指定重要文化財。[川崎文昭]
『『雄踏町誌』全11巻(1968~1978・雄踏町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雄踏の関連キーワード舞阪三ヶ日浜名湖ガーデンパーク浜名湖渚園浜名湖パルパル静岡県浜松市西区舘山寺町静岡県浜松市南区堤町静岡県浜松市南区西町静岡県浜松市南区東町静岡県浜松市西区村櫛町

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雄踏の関連情報