コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜北 はまきた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜北
はまきた

静岡県西部,浜松市南東部の旧市域。天竜川の下流西岸に位置する。 1956年浜名町と北浜村,中瀬村,赤佐村,麁玉村 (あらたまむら) の4村が合体して浜北町となり,1963年市制。 2005年浜松市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い全域が浜北区となった。中心市街地の貴布祢 (きぶね) は伝統の遠州縞織物の産地として知られるが,繊維のほか自動車部品の工場も進出している。周辺の農村部はかつて養蚕,苗木,植木生産などで知られていたが,メロン,セロリなどの畑作が中心となった。さらに三方原台地東縁にはミカン園や種鶏孵化場,キジ養殖場がある。北浜の大カヤノキは国指定天然記念物。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はまきた【浜北】

静岡県浜松市の区。旧市名。メロンなどの栽培や織物業・機械工業が盛ん。北部の根堅(ねがた)遺跡から人骨片が出土。→浜松

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浜北
はまきた

静岡県南西部にあった旧市名。現在は浜松市の中南部を占め、浜北区を形成する地域。旧浜北市は、1956年(昭和31)浜名(はまな)町と北浜、中瀬、赤佐、麁玉(あらたま)の4村が合併して改称、1963年市制施行。2005年(平成17)周辺10市町村とともに浜松市と合併。旧市域中央を南北に遠州鉄道、国道152号が、東西に天竜浜名湖鉄道、国道362号が通じる。新東名高速道路の浜松浜北インターチェンジがある。旧市域は三方原(みかたはら)と天竜(てんりゅう)川に挟まれ、西遠(せいえん)地方屈指の農業地帯。ミカン、メロン、カキ、サツマイモなどの栽培、酪農、養豚など多角的農業が進んでいる。植木、盆栽、苗木の産地としても有名。江戸時代から綿作、藍(あい)作が盛んで、紡織、織布、染色関連工業が多い。近年オートバイ、自動車、機械部品、塗装などの工場が進出し、2002年における機械工業は繊維工業の30倍以上の生産額を示している。1984年浜松地域テクノポリスに指定され、先端技術関連企業が進出している。三方原周縁部に古墳が散在し、北部山麓(さんろく)の石灰岩採石場(根堅(ねがた)遺跡)から発見された洪積世(更新世)人骨は浜北人と命名され学術上きわめて貴重とされる。北浜の大カヤノキは国指定天然記念物。岩水寺(がんすいじ)は星祭り、桜の名所として有名。北西部にはアカマツの林や野鳥の豊かな県立森林公園があり、また、1992年に万葉の森公園も開園した。[川崎文昭]
『『浜北市史』全9巻(1988~2004・浜北市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

浜北の関連キーワード静岡県浜松市浜北区内野台静岡県浜松市浜北区東美薗静岡県浜松市浜北区本沢合静岡県浜松市浜北区油一色静岡県浜松市浜北区四大地静岡県浜松市浜北区横須賀静岡県浜松市浜北区西美薗静岡県浜松市浜北区上善地静岡県浜松市浜北区貴布祢静岡県浜松市浜北区染地台静岡県浜松市浜北区中条静岡県浜松市浜北区永島静岡県浜松市浜北区中瀬静岡県浜松市浜北区新野静岡県浜松市浜北区新堀静岡県浜松市浜北区小林静岡県浜松市浜北区大平静岡県浜松市浜北区尾野静岡県浜松市浜北区根堅静岡県浜松市浜北区内野

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浜北の関連情報