コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜北 はまきた

3件 の用語解説(浜北の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜北
はまきた

静岡県西部,浜松市南東部の旧市域。天竜川の下流西岸に位置する。 1956年浜名町と北浜村,中瀬村,赤佐村,麁玉村 (あらたまむら) の4村が合体して浜北町となり,1963年市制。 2005年浜松市に編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はまきた【浜北】

静岡県浜松市の区。旧市名。メロンなどの栽培や織物業・機械工業が盛ん。北部の根堅(ねがた)遺跡から人骨片が出土。→浜松

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浜北
はまきた

静岡県南西部にあった旧市名。現在は浜松市の中南部を占め、浜北区を形成する地域。旧浜北市は、1956年(昭和31)浜名(はまな)町と北浜、中瀬、赤佐、麁玉(あらたま)の4村が合併して改称、1963年市制施行。2005年(平成17)周辺10市町村とともに浜松市と合併。旧市域中央を南北に遠州鉄道、国道152号が、東西に天竜浜名湖鉄道、国道362号が通じる。新東名高速道路の浜松浜北インターチェンジがある。旧市域は三方原(みかたはら)と天竜(てんりゅう)川に挟まれ、西遠(せいえん)地方屈指の農業地帯。ミカン、メロン、カキ、サツマイモなどの栽培、酪農、養豚など多角的農業が進んでいる。植木、盆栽、苗木の産地としても有名。江戸時代から綿作、藍(あい)作が盛んで、紡織、織布、染色関連工業が多い。近年オートバイ、自動車、機械部品、塗装などの工場が進出し、2002年における機械工業は繊維工業の30倍以上の生産額を示している。1984年浜松地域テクノポリスに指定され、先端技術関連企業が進出している。三方原周縁部に古墳が散在し、北部山麓(さんろく)の石灰岩採石場(根堅(ねがた)遺跡)から発見された洪積世(更新世)人骨は浜北人と命名され学術上きわめて貴重とされる。北浜の大カヤノキは国指定天然記念物。岩水寺(がんすいじ)は星祭り、桜の名所として有名。北西部にはアカマツの林や野鳥の豊かな県立森林公園があり、また、1992年に万葉の森公園も開園した。[川崎文昭]
『『浜北市史』全9巻(1988~2004・浜北市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浜北の関連キーワード静岡県浜松市天竜区大川静岡県浜松市天竜区大谷静岡県浜松市天竜区熊静岡県浜松市天竜区佐久静岡県浜松市天竜区相津静岡県浜松市天竜区月天竜〈市〉静岡県浜松市天竜区長沢静岡県浜松市南区静岡県浜松市天竜区横川

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜北の関連情報