雷同(読み)らいどう

精選版 日本国語大辞典「雷同」の解説

らい‐どう【雷同】

〘名〙 (が鳴ると万物がそれに応じて響く) はっきりした考えを持たないで他人の言動にむやみに調すること。わけもなく他に同意すること。付和。
菅家文草(900頃)三・舟行五事「仮令儒作吏、天下笑雷同」 〔礼記‐曲礼上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雷同」の解説

らい‐どう【雷同】

[名](スル)《「礼記」曲礼上から。雷の音に応じて万物が響く意》自分自身の考えをもたず、むやみに他人のや行動に同調すること。「付和雷同
「卑屈の気風に制せられ其気風に―して」〈福沢学問のすゝめ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android