雷同(読み)ライドウ

大辞林 第三版の解説

らいどう【雷同】

( 名 ) スル
〔雷がなると万物が応じて響く意〕
自分自身の考えがなく、すぐに他人の説に同調すること。 「付和-」 「百人-する者あれば忽ち数千の随従者あり/緑簑談 南翠

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

らい‐どう【雷同】

〘名〙 (雷が鳴ると万物がそれに応じて響く意) はっきりした考えを持たないで他人の言動にむやみに同調すること。わけもなく他に同意すること。付和。
※菅家文草(900頃)三・舟行五事「仮令儒作吏、天下笑雷同」 〔礼記‐曲礼上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雷同の関連情報