コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嚮導 きょうどうXsiang-dao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嚮導
きょうどう
Xsiang-dao

中国共産党の機関紙。 1921年7月中国共産党が成立し,翌 22年1月発刊された党機関紙『先駆』に代って同年9月から党機関紙となり,27年頃まで刊行された。中国共産党の初代書記長陳独秀の主宰といわれ,週報として発行されたが,財政的窮乏や当局の弾圧などにより予定どおりに発行されなかったといわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう‐どう〔キヤウダウ〕【×嚮導】

[名](スル)
先に立って案内すること。また、その人。
「道中師といいて其頃は旅行中の―と保護とを任とするものありし」〈露伴・風流魔〉
軍隊で、横隊隊列両端にあって整列行進などの基準となる者。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きょうどう【嚮導 Xiàng dǎo】

中国共産党の機関誌。B5判,8~16ページ建て,上海,広州,武漢などで1922年9月から国共分裂直後まで約5年間になかば非公然で201期を発行。二全大会当時には,労動組合書記部機関誌《労動週刊》は発禁,理論機関誌《共産党》は停刊,《新青年》はきわめて不定期だったから,《導》の果たした役割は大きい。主編は陳独秀,蔡和森が協力し,瞿秋白,彭述之,鄭超麟らの文章が多い。瞿秋白はまた中央機関誌《前鋒》(広州,1~3期,1923年7月~24年2月)をも主編した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうどう【嚮導】

( 名 ) スル
先に立って導くこと。また、その人。 「彼の改革は…国民の理想を-したるものにあらず/文学史骨 透谷
軍隊などで、整列・行進などの基準とされる者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

嚮導の関連キーワード働・僮・動・同・堂・導・撓・撞・洞・獰・瞠・瞳・童・胴・道・銅イブン・バーッジャ文禄・慶長の役ケーブル敷設船結城無二三特型駆逐艦早稲田文学フリゲート勧善懲悪脱隊騒動水先案内相楽総三柳生宗矩予算管理飫肥藩道中師制海権ボート偽官軍正忍記

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android