コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山高原 あおやまこうげん

4件 の用語解説(青山高原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青山高原
あおやまこうげん

三重県中部,布引山地のほぼ中央の山頂部にある高原。標高 700~800m。南北約 20kmにわたる小起伏の連続する隆起準平原で,クマザサススキの原にアセビ,ツゲ,ツツジの灌木が点在。東に急斜面をもつ傾動地塊のため,特に伊勢平野伊勢湾を見おろす東側の眺望がすばらしい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あおやま‐こうげん〔あをやまカウゲン〕【青山高原】

三重県中西部に広がる高原。布引(ぬのびき)山地中にある約16キロメートル続く高原状の準平原をいう。標高600~800メートル。高原全体に風力発電機が20基ほど建てられ、風力発電施設としては国内最大級。室生(むろう)赤目青山国定公園に属する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あおやまこうげん【青山高原】

三重県のほぼ中央,布引山地にある高原状の準平原。標高650~845m。室生赤目青山国定公園の一部をなす。北端には津と伊賀上野を結ぶ長野峠があり,中央に笠取山,南端に伊勢と伊賀を結ぶ旧初瀬街道の青山峠がある。また高原の下には私鉄トンネルとして最長(5652m)の近鉄大阪線青山トンネルが通過している。青山高原有料道路,ハイキングコースが整備されており,高原にはアセビ,ツツジ,ツゲの群落が美しい。東は伊勢湾をへだてて赤石山脈,南西は笠置山地大台ヶ原山地がみえ,眺望はきわめてよい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青山高原
あおやまこうげん

三重県中西部、布引(ぬのびき)山地の南部山頂の高原地形。笠取(かさとり)山(842メートル)を最高点として、緩やかに高度を減じながら南へ16キロメートル続く。平均高度600~700メートル。幅は広い所で6キロメートル。途中に青山峠、塩見峠、布引峠などの鞍部(あんぶ)がある。古生代末期の造山運動によって生じた山地が侵食されて準平原化したのち、第三紀末から更新世(洪積世)にかけてふたたび隆起し、準平原が山頂に残ったと考えられる。高い樹木はなくアセビ、イヌツゲ、ツツジなどの低木とクマザサに覆われ、伊勢(いせ)湾を一望できる。室生赤目(むろうあかめ)青山国定公園に含まれる。「関西の軽井沢」として別荘、テニスコート、ゴルフ場が開発され、青山高原道路、東海自然歩道も通じている。航空自衛隊の基地が置かれ、また大規模な風力発電施設(青山高原ウインドファーム)が設置されている。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の青山高原の言及

【白山[町]】より

…川沿いの平地では〈一志米〉と称される良質の米を産し,山地ではシイタケなどを栽培,畜産や林業なども行われる。西部の山地は室生赤目青山国定公園に含まれ,なだらかな隆起準平原の青山高原東斜面には布引の滝がある。雲出川上流には家城(いえき)ラインと呼ばれる峡谷が続く。…

※「青山高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青山高原の関連情報