コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青海[町] おうみ

2件 の用語解説(青海[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

青海[町]【おうみ】

新潟県南西端,西頸城(にしくびき)郡の旧町。日本海に面し,山地が海に迫って親不知(おやしらず)の断崖をなし,海岸沿いに北陸本線北陸自動車道が通じる。中心は近世北陸街道の宿場町で,1921年南部の山地の石灰岩を利用して石灰窒素などの工場が立地して急速に発展,鉱工業が中心となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おうみ【青海[町]】

新潟県南西端,西頸城(にしくびき)郡の町。人口1万0515(1995)。境川を隔てて富山県に接する。飛驒山脈が日本海に迫り急峻な断崖をなし,親不知・子不知海岸がある。青海川河口にある中心地青海は《延喜式》に越後国滄海(あおうみ)駅とある古代からの交通の要衝で,近世には北陸街道の宿場町であった。1913年に北陸本線が開通し,21年には付近の豊富な石灰岩を原料とした電気化学工業の工場が創設され,発展したが,65年ころをピークに,工場縮小などにより人口は減少した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青海[町]の関連キーワード頸城油田高田高田平野東頸城丘陵糸魚川上越村山信義村山義信村山義盛室孝次郎

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone