青海[省](読み)せいかい

百科事典マイペディア「青海[省]」の解説

青海[省]【せいかい】

中国北西部の省。簡称は青。省都は西寧青蔵高原北東部にあり大部分が標高3000m以上,北部に祁連(きれん)山脈アルトゥン山脈,その南にチャイダム盆地と青海盆地があり,さらに南に崑崙(こんろん)山脈,巴顔喀喇(バヤンハラ)山脈,南境に唐古拉(タングラ)山脈が東西に走る。黄河,長江の水源地。気候は寒冷で,降水量は少ない。交通は自動車道路が主で甘青・青蔵・青新・敦格公路などが開通し,鉄道は蘭青鉄路(蘭州〜西寧),青蔵鉄路(西寧〜ラサ)が通じている。牧畜が最も発達し羊のほかヤクも多い。地下資源には石炭,鉄,石油などが豊富である。工業には製油,毛織,畜産加工などがある。民族構成は漢族(50%前後)のほか,チベット族,モンゴル族,カザフ族など。72万1200km2。566万人(2014)。
→関連項目楼蘭

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「青海[省]」の解説

せいかい【青海[省] Qīng hǎi shěng】

中華人民共和国西北部にある省。略称は青。北東は甘粛省,北西は新疆ウイグル自治区南西チベット自治区南東四川省と接する。面積72万1500km2,人口481万(1995),1地区級市,1地区,6自治州からなり,さらにこれらが43県級行政地域(4市轄区,2市,30県,7自治県)に区分されている。省都は北東部の西寧(せいねい)市。
[自然]
 青海省はほぼ全域が青蔵高原に属し,北は祁連(きれん),西は崑崙,南はタングラ(唐古拉),東は西傾山などの各山脈に囲まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android