コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青面金剛 ショウメンコンゴウ

デジタル大辞泉の解説

しょうめん‐こんごう〔シヤウメンコンガウ〕【青面金剛】

帝釈天(たいしゃくてん)使者金剛童子。身体は青色で、六臂(ろっぴ)または二臂、四臂、目は赤くて三眼で、怒りの形相をとる。病魔を退散させる威力があるとする。後世道家の説が加わり、庚申(こうしん)待本尊とする。せいめんこんごう。

せいめん‐こんごう〔‐コンガウ〕【青面金剛】

しょうめんこんごう

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうめんこんごう【青面金剛】

元来は、密教で、鬼病を流行させる鬼神。体は青色で、二本、四本または六本の腕があり、弓矢宝剣を握り、頭髪はさか立ち、体に蛇をまとい、足に鬼を踏んでいる。日本では、後世、庚申こうしん信仰に取り入れられ、庚申待まちの本尊となる。

せいめんこんごう【青面金剛】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の青面金剛の言及

【庚申信仰】より

…このような風潮に刺激されて,山崎闇斎が猨田彦大神(さるたひこのおおかみ)を本尊とする神道式庚申信仰を説きだす一方,修験道でもそれなりの庚申信仰を鼓吹したから,江戸時代には3通りの庚申信仰が行われていたことになる。青面金剛(しようめんこんごう)童子を庚申の本尊とする考えが定着したのも,四天王寺の庚申堂以下の庚申堂が各地に建立され,現在いわれている御利益やタブーが説かれだしたのも,江戸時代であった。明治の廃仏毀釈で衰えたが,第2次大戦までは各地でさかんに信仰されていた。…

※「青面金剛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青面金剛の関連キーワード庚申青面庚申堂庚申塚庚申待帝釈天大津絵庚申塔鬼神密教鬼病庚申元来頭髪

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android