コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジン

デジタル大辞泉の解説

じん【靭】[漢字項目]

[音]ジン(漢)
なめし皮のように、丈夫で柔らか。「靭帯靭皮強靭
[補説]「靱」は異体字。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

靭【うつぼ】

空穂,靫とも記す。を入れ,腰につけて持ち歩く筒形の容器。弓矢合戦中心の鎌倉・室町期の武士がよく用いた。長い竹籠で作り,外側を動物の毛皮や鳥の羽などでおおった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


うつぼ

大阪市中央部、西区の一地区。京町堀阿波座(あわざ)堀、東西横堀(よこぼり)川に挟まれた地域で、江戸時代に塩干魚、かつお節、于鰯(ほしか)などの問屋が集中していた。『摂津名所図会』の「永代浜干鰯(えいだいはまほしか)市、海部(かいふ)堀にあり」と記されている永代浜はその中心地で、靭公園内に碑がある。第二次世界大戦末の空襲で往時の町並みはすっかり失われ、戦後、在日アメリカ軍の飛行場が建設されたが、1952年(昭和27)接収解除となり、その跡地は整備されて都心の大公園となっている。[安井 司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

靭の関連情報