コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

順化 じゅんかacclimatization

翻訳|acclimatization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

順化
じゅんか
acclimatization

馴化とも書く。 (1) 生物が異なる土地に移された場合その気候条件に適応し,または移されなくても同一地においての気候条件の変動に次第に適応すること。また適応させることをいう。 (2) 広くは自然または実験室条件下で,それまで出会わなかった条件に次第に順応していくことをさす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐か〔‐クワ〕【順化/×馴化】

[名](スル)生物が、異なった環境、特に気候の異なった土地に移された場合、しだいにその環境に適応するような体質に変わること。「寒冷地の気候に―する」

ユエ(Hué)

フエ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

順化

 →馴化

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんか【順化 acclimation】

馴化とも書く。広い意味では環境への適応あるいは順応と同義で用いられる場合もあるが,ふつう生物学用語としては,適応がかなり長い時間経過の間に,形態や生理が変化し固定されることをいうのに対して,順化は,せいぜい数週間以内で生理機能を環境にうまく合わせることをいう。環境に対する生体の反応は時間の短いほうから順に,反応―順応―順化―適応というが,互いに重なり合った概念でもあり,あいまいな使われ方をする場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

順化
じゅんか

個体の一生の間に、ある環境変化を受けたとき、生理的な調整によって、その環境に自身の機能をうまくあわせることをいう。この調整は遺伝的に固定されることはない。たとえば、急に高山へ登ると、大気圧の酸素分圧が低いため、体に必要な酸素を十分に補えず、頭痛をおこしたり、ひどい場合には高山病となるが、しばらくそこに滞在すると体内の連続的な生理的反応により、やがて赤血球が増加し、健康に行動できるようになる。このように、気圧・酸素分圧・温度などの変化が関与する高地(または低地)への移動、温度・光などの変化する季節変化、塩分・水圧などの変化する淡水や海水間の移動などの際、最初の生理的に不安定な状態から新しい環境に慣れるのに、数日から数週間を要するような過程、およびその結果を順化acclimationという。なお、気候の変化に対する生体の調整は、とくに気候順化acclimatizationとよび、単に順化といえばこれをさす場合が多い。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

順化の関連キーワードザッパー(Karl Sapper)アクライマティゼーションイスイククリ自然保護区順応(生物学、心理学)ミンマン(明命)帝テベルダ自然保護区カール ザッパー沙門不敬王者論タイソン党革命アルマン条約転地療法福邦銀行高度順化気候順応寒冷適応福井銀行暑熱順化寒冷順化部族社会政治警察

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

順化の関連情報