コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

順行 じゅんこうdirect motion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

順行
じゅんこう
direct motion

天球上の惑星の動きが,太陽と同じく西から東へ向って運行しているとき,惑星は順行するという。すべての惑星は,内惑星内合外惑星の付近で逆行するが,一会合周期中他の期間は順行を続けている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐こう〔‐カウ〕【順行】

[名](スル)
順序に従って逆らわずに進んでいくこと。逆らわずに行うこと。「時代の流れに順行する」⇔逆行
地球から見て、惑星などが天球上を西から東へ向かって動く視運動。⇔逆行
惑星や小惑星の運動のように、地球公転と同じ方向に動く天体の軌道運動。⇔逆行

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

順行【じゅんこう】

(1)天球上で見かけ上惑星が西から東に動くこと。(2)衛星が親惑星のまわりを,親惑星の公転方向と同じ方向に動くこと。逆行の対。
→関連項目視運動

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅんこう【順行】

( 名 ) スル
順序を追って行くこと。また、順序を追って行うこと。
逆らわずに行うこと。 ↔ 逆行 「社会の風潮に-するより外に策ある可からず/もしや草紙 桜痴
順行運動 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

順行
じゅんこう

惑星などが天球上で西から東に動くこと。正しくは、地球の中心から見たその天体の赤経が増大する方向に動くことをいう。これに対して、東から西に動くのが逆行である。惑星は多くの場合順行運動をしているが、地球に接近する衝あるいは内合のころだけ逆行して見える。[村山定男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の順行の言及

【逆行】より

…惑星が天球上を星々の間をぬって,東から西(赤経が減少する向き)に運行すること。西から東に運行する順行に対する用語。天球上の太陽と月の動きはつねに順行であるが,後述のように惑星は順行も逆行も行う。…

【太陽系】より

…惑星の惑は〈まどい歩く〉を意味している。複雑な視運動は順行,留,逆行,留,順行,……の繰返しとなる(内惑星でも同じ)。ここに順行というのは太陽の年周運動の向きで,日本を含めて北半球では,南の空で西から東である。…

※「順行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

順行の関連キーワード脳震盪/単純頭部打撲プトレマイオスの理論コペルニクス体系マーガレットエウドクソス平均太陽日短周期彗星音韻変化ネレイド順遺伝学日周運動惑星現象逆行運動逆行衛星宣夜説近点年近点月海王星近地点恒星日

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

順行の関連情報