コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顔輝 がんきYan Hui

5件 の用語解説(顔輝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顔輝
がんき
Yan Hui

中国,元初の画家。江山 (浙江省) ,あるいは廬山 (江西省) の人。字は秋月。道釈人物画をよくし「筆法奇絶」と評された。大徳年間 (1297~1307) 吉州の道観輔順宮の修復の際に壁画を描いたが,当時,元朝の宮廷画家であった可能性もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

顔輝【がんき】

中国,元代前半期の画家。生没年不詳。字は秋月。浙江江山の人。宋代の写実主義を継ぎながら,その理知的描写を捨てて主題の怪奇性を強調,神秘性の表現に成功した。道釈画,水墨の猿を得意としたが,確証ある遺作は《蝦蟇鉄拐(がまてっかい)図》のみ。
→関連項目蝦蟇鉄拐

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がんき【顔輝 Yán Huī】

中国,元初の画家。出身は江山(浙江省)あるいは廬陵(江西省)の2説がある。字は秋月。生没年は不明だが,大徳年間(1297‐1307)に吉州(江西省)の道観の壁画を制作したという記録がある。元代を代表する道釈人物画家(道釈画)で,真跡と認められる《蝦蟆鉄拐(がまてつかい)図》が京都知恩寺に伝存している。対象の輪郭と立体感を強調する画風には元画らしいなまなましさがあるが,この画風は職業画家たちに継承されて,明初に至るまで広く行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

がんき【顔輝】

中国、元初の画家。浙江省あるいは江西省の人。字あざなは秋月。道釈画に卓越し、代表作「蝦蟇がま・鉄拐てつかい図」が京都知恩寺に伝存。生没年未詳。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

顔輝
がんき

生没年不詳。中国、元代前半期の画家。浙江(せっこう)省江山の人。字(あざな)は秋月。鬼神や猿などに妙技を発揮し、また道釈人物画を得意とした。詳しい伝記はわからないが、宮廷の画家として大徳年間(1297~1307)吉州(江西省)の道観に壁画を描いている。正筆とされる作品に京都・知恩寺の『蝦蟇鉄拐図(がまてっかいず)』双幅がある。この画は元の道釈画を代表するものの一つで、高度の技量をもって、怪異な風貌(ふうぼう)を精緻(せいち)に描き、衣文(えもん)には肥痩(ひそう)のある描線を用い、陰影を濃厚にした強烈な表現を用いている。また暗い色調のうちに怪奇な雰囲気が品格をもって表されており、宋(そう)画にはみられない神秘的な一画風が形成されている。なお、東京国立博物館の『寒山拾得図(かんざんじっとくず)』も顔輝筆と伝えるものの傑作として知られる。[星山晋也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

顔輝の関連情報