コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風致林 フウチリン

5件 の用語解説(風致林の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふうち‐りん【風致林】

名所・旧跡などの景観を保存するために指定された森林。風致保安林

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

風致林【ふうちりん】

名所旧跡の風景美観を保つための森林。保安林に指定されるものもある。社寺の裏山など都市の背景林をなすものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふうちりん【風致林】

社寺,名所,旧跡などの風致を保持,助長する目的で維持している森林。とくに必要度の高い場合は風致保安林に指定されている。古くから,領内飾り林城飾り林所飾り林として,風致景観を維持するため伐採を禁じた例が多い。たとえば会津藩では,1666年(寛文6)に御領中の飾りであるから容易に切らすことはできないとしている。古くから各藩では同様の目的で社寺の境内林についても保護に意を注いでいる。風致林の対象は幕藩時代と異なり,保安林制度ができて以降は社寺の裏山,あるいは京都の西山,東山のように社寺を含めての都市の背景林的なものが主になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風致林
ふうちりん

狭義には森林法に定める保安林の一種で、名所や旧跡の趣(おもむき)のある景色などを保存するための風致保安林をいう。風致保存のためとくに必要があると認められる森林は禁伐、その他の森林は択伐(たくばつ)(立木の皆伐を避けて選びながら伐採する)の伐採方法が要求される。1998年(平成10)現在の風致保安林の面積は約2万7000ヘクタールで、ここ30年間増加はみられない。
 これに対し広義の風致林は、前記保安林ではないが、広く自然の風致の維持に役だつ森林をいう。自然公園法で指定する特別地域、都市計画法に基づく風致地区、都市緑地保全法に定める緑地保全地区、「都市の美観風致を維持するための樹木の保存に関する法律」に基づく保存樹・保存樹林などの森林も風致林である。近年はこれら広義の風致林が拡大している。[笠原義人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone