コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風致林 フウチリン

5件 の用語解説(風致林の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふうち‐りん【風致林】

名所・旧跡などの景観を保存するために指定された森林。風致保安林

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

風致林【ふうちりん】

名所旧跡の風景美観を保つための森林。保安林に指定されるものもある。社寺の裏山など都市の背景林をなすものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふうちりん【風致林】

社寺,名所,旧跡などの風致を保持,助長する目的で維持している森林。とくに必要度の高い場合は風致保安林に指定されている。古くから,領内飾り林城飾り林所飾り林として,風致景観を維持するため伐採を禁じた例が多い。たとえば会津藩では,1666年(寛文6)に御領中の飾りであるから容易に切らすことはできないとしている。古くから各藩では同様の目的で社寺の境内林についても保護に意を注いでいる。風致林の対象は幕藩時代と異なり,保安林制度ができて以降は社寺の裏山,あるいは京都の西山,東山のように社寺を含めての都市の背景林的なものが主になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふうちりん【風致林】

社寺・名所・旧跡の景観や自然景観を維持するために、保護されている森林。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風致林
ふうちりん

狭義には森林法に定める保安林の一種で、名所や旧跡の趣(おもむき)のある景色などを保存するための風致保安林をいう。風致保存のためとくに必要があると認められる森林は禁伐、その他の森林は択伐(たくばつ)(立木の皆伐を避けて選びながら伐採する)の伐採方法が要求される。1998年(平成10)現在の風致保安林の面積は約2万7000ヘクタールで、ここ30年間増加はみられない。
 これに対し広義の風致林は、前記保安林ではないが、広く自然の風致の維持に役だつ森林をいう。自然公園法で指定する特別地域、都市計画法に基づく風致地区、都市緑地保全法に定める緑地保全地区、「都市の美観風致を維持するための樹木の保存に関する法律」に基づく保存樹・保存樹林などの森林も風致林である。近年はこれら広義の風致林が拡大している。[笠原義人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風致林の関連キーワード見物風致地区案内記吟行集印帖名所風致案内人旧跡品質保持剤

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone