コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久々野 くぐの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久々野
くぐの

岐阜県北部,高山市南部の旧町域。飛騨川上流域にある。 1954年町制。 2005年高山市に編入。大部分がスギ,ヒノキ,ブナ,カラマツなどの山林地帯。林業が主要産業で,定期的に立つ木材市には隣接の各県より業者が集まり活況を呈する。製材所,木工場なども多く,JR久々野駅付近に大貯木場がある。乳牛,和牛の飼育,高冷地野菜の栽培などが導入されている。国の史跡に指定されている堂之上 (どうのそら) 遺跡のほか,スキー場がある。一部は位山舟山県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久々野
くぐの

岐阜県北部、大野郡にあった旧町名(久々野町(ちょう))。現在は高山市の中南部を占める地域。旧久々野町は、1954年(昭和29)町制施行。2005年(平成17)周辺の1町7村とともに高山市に編入。JR高山本線、国道41号が通じ、飛騨(ひだ)川(益田(ました)川)上流部の交通の中心地で、製材業が行われる。高山市街地への通勤圏であり、久々野駅は秋神温泉経由の御嶽(おんたけ)登山口にもあたる。農業では、高冷地野菜やリンゴ、モモの栽培の振興にも努めている。町の西部に位山(くらいやま)舟山(ふなやま)県立自然公園があり、舟山自然休養村に指定され、舟山高原にはキャンプ場、スキー場などもある。なお、反保(たんぼ)にある堂之上(どうのそら)遺跡は、縄文時代前・中期の住居跡(国指定史跡)として有名で、隣接する歴史民俗資料館で出土品の収蔵、展示を行っている。[上島正徳]
『『久々野町史』(1957・久々野町) ▽『久々野町史 第2巻』(1985・久々野町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

久々野の関連キーワード岐阜県高山市久々野町久々野久々野歴史民俗資料館久々野[町]岐阜県高山市国民体育大会高山(市)岐阜(県)堂之上遺跡宮[村]秋神温泉益田川飛驒川

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久々野の関連情報