コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山七里 なかやましちり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中山七里
なかやましちり

岐阜県中東部,飛騨川上流益田 (ました) 川の渓谷下呂温泉から下流金山までの約 20kmの区間で,益田川浸食により石英斑岩の塊状岩が断崖絶壁を形成する。伝説や史跡に富み,飛騨木曾川国定公園に属する。渓谷に沿って JR高山本線,国道 41号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なかやましちり【中山七里】

岐阜県中部、下呂市にある、益田(ました)川中流の峡谷。景勝地。長さ28キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

中山七里【なかやましちり】

岐阜県を南流する飛騨川(益田川)の渓谷。下呂市の金山から上流の下呂まで約23kmで,河床は石英斑岩で,水は白くあわ立ち,瀬や淵をなす。江戸時代には飛騨街道の別称でもあったように,川沿いに最短距離がとれる経路として1586年頃に金森長近によって開削されたと伝える。
→関連項目金山[町]下呂[町]下呂[市]飛騨川

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかやましちり【中山七里】

岐阜県東部,飛驒川の中流部にあり,益田郡下呂町の帯雲橋から金山町の境橋の間約26kmの峡谷をいう。飛驒川が石英斑岩の山地を深く浸食して流れるところで,両岸には絶壁が連なり,白い塊状の岩の間を清流が早瀬や淵をなして流れる。飛驒木曾川国定公園に属し,新緑や紅葉のころの景色は特によい。長谷川伸の戯曲《中山七里》で知られる。高山本線と国道41号線が両岸を並行して走る。【高橋 百之】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕中山七里(なかやましちり)


岐阜(ぎふ)県東部、飛騨(ひだ)川中流部にある渓谷。下呂(げろ)市小川(おがわ)から同市金山(かなやま)町にまたがり約26kmに及ぶ。石英斑岩(せきえいはんがん)が浸食された絶壁が迫り、羅漢(らかん)岩・屏風(びょうぶ)岩などの奇岩や早瀬が連続する。下流部分は下原(しもはら)ダム・大船渡(おおふなと)ダムのダム湖が続き、渓谷美は失われた。新緑・紅葉期の景観に優れ、JR高山(たかやま)本線や国道41号からの眺望もよい。飛騨木曽川(きそがわ)国定公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中山七里
なかやましちり

岐阜県飛騨(ひだ)地方の南部、下呂(げろ)市の飛騨川(益田(ました)川)沿いに七里(約28キロメートル)続く景勝地。飛騨木曽川(きそがわ)国定公園の目玉の一つ。濃飛流紋岩の高原を深く刻んだ飛騨川沿いに、屏風(びょうぶ)岩、羅漢(らかん)岩などの優れた景観がみられ、春の新緑、秋の紅葉の彩りはともに美しい。ダム湖も自然景観にいっそうの変化を加える。下呂、高山、北アルプス方面への通路にあたり、中京、関西方面などから訪れる人が多い。[上島正徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中山七里の関連キーワード岐阜県下呂市金山町福来金山(岐阜県)岐阜県下呂市岐阜(県)塚原 晢夫下呂(市)池広一夫

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中山七里の関連情報