(読み)いん

精選版 日本国語大辞典「飲」の解説

いん【飲】

〘名〙
① 飲むこと。また、飲み物。飲料。
※正法眼蔵(1231‐53)礼拝得髄「たとへばに飲にあふが如くなるべし」 〔論語‐雍也〕
② 酒を飲むこと。酒盛り。
近世畸人伝(1790)題言「長夜の飲をなして時日甲子を忘れたる儕(ともがら)」 〔戦国策‐秦策〕

のま・す【飲】

〘他サ五(四)〙 飲むようにする。飲ませる。また、酒食をごちそうする。
※玉塵抄(1563)「平公の杜蕢に曠にのました心をとわれたれば子卯(しばう)楽と云たぞ」

のめ【飲】

〘名〙 飲んだ時の感覚。口あたり。
※松翁道話(1814‐46)四「此たばこは呑めがよいの、わるくさいのと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「飲」の解説

いん【飲】[漢字項目]

[音]イン(漢) オン(呉) [訓]のむ
学習漢字]3年
水や酒をのむ。「飲酒飲食飲用飲料愛飲牛飲鯨飲試飲痛飲暴飲溜飲りゅういん
酒宴。「小飲
難読飲食おんじき

いん【飲】

飲むこと。また、飲むもの。飲料。「一瓢いっぴょう
酒を飲むこと。酒宴。「一夜のを共にする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android