コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飾る カザル

2件 の用語解説(飾るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かざ・る【飾る】

[動ラ五(四)]
他の物を添えたり、手を加えたりするなどして、美しく見せるようにする。装飾する。「食卓を花で―・る」
物を、人目につくように工夫して、置き並べる。「商品をウインドーに―・る」「雛人形(ひなにんぎょう)を壇に―・る」
表面をよく見せる。取り繕う。「体裁を―・る」「―・らない人柄」「言葉を―・る」
りっぱにやり遂げることによって、価値あるものにする。華やかさやすばらしさを添える。「白星で初日を―・る」「有終の美を―・る」「歴史の一ページを―・る壮挙」
設ける。構える。
「高座を―・ってくだされ」〈狂言記拾・泣尼〉
[可能]かざれる
[下接句]過ちを文(かざ)る売り物には花を飾れ綺羅(きら)を飾る故郷へ錦(にしき)を飾る言葉を飾る小人(しょうじん)の過つや必ず文(かざ)る・掉尾(ちょうび)を飾る・錦を飾る辺幅(へんぷく)を飾る

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かざる【飾る】

( 動五[四] )
美しく、また立派に見えるように物を添えたり、手を加えたりする。 「会場を花で-・る」 「室に花を-・る」
表面をとりつくろう。 「うわべを-・る」 「 - ・らない人柄」 「言葉を-・る」
はなやかさや立派さを加える。 「新聞の一面を-・る大事件」 「催しの最後を-・る」
見せるために見目よく並べる。 「商品をショー-ウインドーに-・る」
設ける。構える。 「中門に曲彔を-・らせて其の上に結跏趺座し/太平記 10
[可能] かざれる
[慣用] 綺羅きらを- ・錦にしきを-

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飾るの関連キーワード奪い取る呉れ手擦る刺さる力木出回る口を添える添状持去る揚げ出し豆腐

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飾るの関連情報