飾る(読み)カザル

デジタル大辞泉の解説

かざ・る【飾る】

[動ラ五(四)]
他の物を添えたり、手を加えたりするなどして、美しく見せるようにする。装飾する。「食卓を花で―・る」
物を、人目につくように工夫して、置き並べる。「商品をウインドーに―・る」「雛人形(ひなにんぎょう)を壇に―・る」
表面をよく見せる。取り繕う。「体裁を―・る」「―・らない人柄」「言葉を―・る」
りっぱにやり遂げることによって、価値あるものにする。華やかさやすばらしさを添える。「白星で初日を―・る」「有終の美を―・る」「歴史の一ページを―・る壮挙」
設ける。構える。
「高座を―・ってくだされ」〈狂言記拾・泣尼〉
[可能]かざれる
[下接句]過ちを文(かざ)る売り物には花を飾れ綺羅(きら)を飾る故郷へ錦(にしき)を飾る言葉を飾る小人(しょうじん)の過つや必ず文(かざ)る・掉尾(ちょうび)を飾る・錦を飾る辺幅(へんぷく)を飾る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かざる【飾る】

( 動五[四] )
美しく、また立派に見えるように物を添えたり、手を加えたりする。 「会場を花で-・る」 「室に花を-・る」
表面をとりつくろう。 「うわべを-・る」 「 - ・らない人柄」 「言葉を-・る」
はなやかさや立派さを加える。 「新聞の一面を-・る大事件」 「催しの最後を-・る」
見せるために見目よく並べる。 「商品をショーウインドーに-・る」
設ける。構える。 「中門に曲彔を-・らせて其の上に結跏趺座し/太平記 10
[可能] かざれる
[慣用] 綺羅きらを- ・ にしきを-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飾るの関連情報