コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飾る カザル

デジタル大辞泉の解説

かざ・る【飾る】

[動ラ五(四)]
他の物を添えたり、手を加えたりするなどして、美しく見せるようにする。装飾する。「食卓を花で―・る」
物を、人目につくように工夫して、置き並べる。「商品をウインドーに―・る」「雛人形(ひなにんぎょう)を壇に―・る」
表面をよく見せる。取り繕う。「体裁を―・る」「―・らない人柄」「言葉を―・る」
りっぱにやり遂げることによって、価値あるものにする。華やかさやすばらしさを添える。「白星で初日を―・る」「有終の美を―・る」「歴史の一ページを―・る壮挙」
設ける。構える。
「高座を―・ってくだされ」〈狂言記拾・泣尼〉
[可能]かざれる
[下接句]過ちを文(かざ)る売り物には花を飾れ綺羅(きら)を飾る故郷へ錦(にしき)を飾る言葉を飾る小人(しょうじん)の過つや必ず文(かざ)る・掉尾(ちょうび)を飾る・錦を飾る辺幅(へんぷく)を飾る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かざる【飾る】

( 動五[四] )
美しく、また立派に見えるように物を添えたり、手を加えたりする。 「会場を花で-・る」 「室に花を-・る」
表面をとりつくろう。 「うわべを-・る」 「 - ・らない人柄」 「言葉を-・る」
はなやかさや立派さを加える。 「新聞の一面を-・る大事件」 「催しの最後を-・る」
見せるために見目よく並べる。 「商品をショー-ウインドーに-・る」
設ける。構える。 「中門に曲彔を-・らせて其の上に結跏趺座し/太平記 10
[可能] かざれる
[慣用] 綺羅きらを- ・ にしきを-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飾るの関連キーワードバインディング[binding]キッチンウイッチパブリックアートイルミネーション華を去り実に就く馬子にも衣装見栄を張る飾り立てる辺幅を飾るアイウエア御真向き様玄関を張るデコレート自宅飾り髷結わい正月飾り大根注連武者人形伊達眼鏡七宝荘厳

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飾るの関連情報