コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養う ヤシナウ

2件 の用語解説(養うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やしな・う〔やしなふ〕【養う】

[動ワ五(ハ四)]
自分の収入で家族などが生活できるようにする。扶養する。「妻子を―・う」
衣食などのめんどうを見ながら育てる。養育する。「孫を大切に―・う」
食物を与えて飼う。「家畜を―・う」
育て蓄える。力や習慣をしだいにつくり上げる。「英気を―・う」「日ごろから実力を―・う」
療養する。養生する。「病を―・う」
子供や病人などの食事の世話をする。
「母は次男の多加志に牛乳やトオストを―・っていた」〈芥川・年末の一日〉
養子にする。「いとこを―・って跡を継がせる」
[可能]やしなえる
[用法]やしなう・そだてる――「女手一つで五人の子を養う(育てる)」のように生活の世話をするの意では、相通じて用いられる。◇「牛馬を養う」「妻子を養う」など「養う」は、生命・生活が維持できるようにする意に重点があり、「育てる」は使えない。◇「弟子を育てる」「子犬を育てる」「夢を育てる」「文化を育てる」など、「育てる」はそれを成長させる意に重点があり、この場合、「養う」では代替できない。◇「乳牛を養う」「ひな鳥を育てる」と動物については「養う」も「育てる」も使えるが、意味の違いははっきりしている。植物については「菊を育てる」といい、「養う」とはいわない。◇類似の語に「はぐくむ」がある。大切に養い育てるの意で共通するが、やや雅語的で、「親鳥が雛をはぐくむ」のほか、「夢をはぐくむ」のような慣用的な用法に限られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やしなう【養う】

( 動五[四] )
生活の面倒をみる。扶養する。 「妻子を-・う」
鍛練して少しずつ作り上げる。 「英気を-・う」 「実力を-・う」
食物をとったりして、体をいたわる。養生する。 「老いを-・う」 「病を-・う」
動物を育てる。 「鳥を-・うてござる程に/狂言・餌差」
幼児や病人の食事の世話をする。
他人の子を育てる。養子にする。 「わが御甥の資平の宰相を-・ひ給ふめり/大鏡 実頼
楽しませる。慰める。 「ひとり詠じてみづから情こころを-・ふばかりなり/方丈記」
[可能] やしなえる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

養うの関連キーワード疑う打ち揃う思い惑う気負う自火自腹出し合う衒う綯う担う

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

養うの関連情報