(読み)エ

  • え ゑ
  • え〔ゑ〕
  • えさ
  • えさ ゑ‥
  • えさ〔ゑ〕
  • 漢字項目
  • 餌 food

デジタル大辞泉の解説

えさ。「小鳥」「生き
動物を飼育したり、誘い寄せたりするための食物。え。「金魚にをやる」
生き物の食物。また、食事をわざと下品にいう語。「スズメがをあさる」「にありつく」
人をだましたり、誘ったりするために提供される金品や利益。「景品をに客を集める」
常用漢字] [音](漢) [訓]えさ 
〈ジ〉
えさ。「好餌擬餌針
食べ物。「食餌薬餌
〈え〉「餌食(えじき)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説


食物としての餌]
 一般に動物は食物という形で必要な栄養を取り込まなければならない。この場合の食物がもっとも基本的な意味での餌であり,餌をとることを摂食(または採食採餌)という。 何を餌とするかは動物によって異なり,動物を食べるもの(肉食),植物を食べるもの(草食),両方を食べるもの(雑食)などの区別がある。とくに生きた動物を捕らえて食う場合を捕食predationと呼び,食うほうを捕食者predator,食われるほうを獲物(または被食者)preyという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えさ。 鶏に-をやる まき-
飼っている動物に与える食物。え。 小鳥に-をやる
動物を誘い出して捕らえるための食物。え。 魚が-に食いついた
人を誘惑するために用いる金銭や品物。え。 金を-に便宜をはかってもらう
食べ物・食事の俗な言い方。 やっと-にありつけた

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 鳥、獣、虫、などに与えて飼育するための食物。また、生きものをおびき寄せて捕える目的で用いる食物。えさ。
書紀(720)神功摂政前(北野本訓)「皇后(きさいのみや)針を勾(ま)げて鈎(ち)を為(つく)り粒(いひぼ)を取りて餌(ヱ)に為(し)て」
※高野本平家(13C前)六「かつら鵜飼の餌(ヱ)にせんとて、亀をとって殺さんとしけるを」
② 人を誘惑するために与える金銭や利益など。えさ。
③ 他の欲望、暴力などの犠牲。えじき。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉八「我が隊長をやみやみと賊徒の餌(ヱ)とする事なかれ」
[語誌](1)上代から「動物の食料」を意味するものとして広く用いられたが、中世以降、「えば」が使われることも少なくなかった。
(2)江戸中期には、①の意では「えさ」、③の意では「えじき」が現われ、意味領域が分割され固定化された。この結果、多くの場合、「え」は、これらの語彙の文章語となったり、複合語として残るなどした。
〘名〙
① =え(餌)
※雑俳・柳多留‐一九(1784)「焼き飯をほうばりながらゑさをさし」
② 人を誘惑するために与える金銭や利益など。
※歌舞伎・𢅻雑石尊贐(1823)四立「ただ利を以て事を計らん其ために、妹を餌(ヱサ)にこの使者」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【餅】より

…いずれにせよ,もち米を蒸して臼に入れ,杵で搗(つ)いたうえで,いろいろの形につくったものを餅の字で表してきたのであるが,餅という漢字は日本独自の使い方であり,中国の用法とはまったく異なっている。風俗学者で食物史家の篠田統(おさむ)(1899‐1978)によると,中国では饅頭(マントウ),餃子(チアオズ)などの小麦粉製品の総称が餅(ピン)であり,小麦粉そのものが麵(ミエン),小麦以外の穀物(米,アワ,キビ,豆など)の粉製品を餌(アル)といい,餌がのちに細かく分かれ,よくこねて大きいままで蒸したものを餻(カオ),小さくまるめて蒸したものを円(ユワン)(とも),円の中に餡を入れたのを団(トワン),米を粒のまま蒸してから搗いたのが餈(ツー)であるという。すると中国の餈が日本の餅にあたるわけであるが,日本では餈は(しとぎ)のことである。…

【食品】より

…人間の発育,生存のために外部から摂取するもの。一般的には〈有害物を含まず,栄養素を1種類以上含んでいる天然物あるいは人工的に加工したもので,食用に供されるもの〉と定義される。類似のことばに食糧,食料,食物あるいは食べ物などがあるが,食糧あるいは食料というと,生産面を重視し,食品あるいは食物は消費面を重視したときに用いられるのが通例である。また食物については,〈食品と嗜好(しこう)品とを適当に配合して,そのまま食べられるように加工,調理したもの〉と定義して,食品と区別して扱うこともあるが,これらのいずれの語も,相互に本質的な相違があるわけではない。…

【釣り】より

…しかし,海区における釣りには,まだこうした徹底した規制,保護対策はほとんどみられない。
【釣道具】
 釣道具の種類については北宋の学者邵雍の《漁樵問対》から〈釣りに六物あり,一,具わらざれば魚得べからず〉がよく引用されるが,その六物とは釣りざお,釣糸,釣針,うき(浮き),おもり,餌を指している。
[釣りざお]
 西洋では材木でつくった長くて太いものが使われていたが,18世紀には熱帯アメリカ産の弾力のある木を用いた張合せのものや竹製のものがつくられ,格段の進歩を示した。…

※「餌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

餌の関連情報