餞・贐(読み)はなむけ

精選版 日本国語大辞典の解説

はな‐むけ【餞・贐】

〘名〙 (「うまのはなむけ」の略) 旅立や門出を祝って金品や詩歌などを贈ったり、送別の宴を開いて見送ったりすること。また、その金品・詩歌や宴など。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※言継卿記‐大永七年(1527)四月一八日「老父中御門へ罷候。はなむけに馬の手綱〈二懸〉遣候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる