コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

館林[市] たてばやし

2件 の用語解説(館林[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

館林[市]【たてばやし】

群馬県南東部の市。1954年市制。利根川渡良瀬川の間にあり,低湿地には湖沼が点在。中心市街は16世紀半ば館林城が築城され,榊原,徳川,松平氏らが居城して城下町として発達。
→関連項目天明

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たてばやし【館林[市]】

群馬県南東部の市。1954年に館林町と郷谷,大島,赤羽,六郷,渡瀬(わたらせ),三野谷,多々良の7村が合体,市制。人口7万6857(1995)。利根川渡良瀬川にはさまれた洪積台地と低地からなる。16世紀半ば,赤井照光かその孫照康のとき台地の先端に館林城が築城され,その後榊原,徳川,松平氏らが居城し,その城下町として繁栄した。東武鉄道伊勢崎線,小泉線,佐野線の交点で,東北自動車道館林インターチェンジがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

館林[市]の関連キーワード佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志山の音アルジェリア戦争道路整備計画マン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone