館林[市](読み)たてばやし

百科事典マイペディアの解説

館林[市]【たてばやし】

群馬県南東部の市。1954年市制。利根川渡良瀬川の間にあり,低湿地には湖沼が点在。中心市街は16世紀半ば館林城が築城され,榊原,徳川,松平氏らが居城して城下町として発達。東武鉄道伊勢崎・佐野・小泉各線の分岐点で,地方経済の中心をなす。館林紬(つむぎ)の産で知られたが,1972年東北自動車道が開通し,工業団地が造成され,電気機器,金属,食品,一般機器工業などが盛んである。農村部では米作のほか,畜産,キュウリ,ナスなどの施設園芸が盛ん。文福茶釜で有名な茂林(もりん)寺,ツツジの名所つつじヶ岡(名勝)がある。東日本大震災で,市内において被害が発生。60.97km2。7万8608人(2010)。
→関連項目天明

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たてばやし【館林[市]】

群馬県南東部の市。1954年に館林町と郷谷,大島,赤羽,六郷渡瀬(わたらせ),三野谷,多々良の7村が合体,市制。人口7万6857(1995)。利根川と渡良瀬川にはさまれた洪積台地低地からなる。16世紀半ば,赤井照光かその孫照康のとき台地の先端に館林城が築城され,その後榊原,徳川,松平氏らが居城し,その城下町として繁栄した。東武鉄道伊勢崎線,小泉線,佐野線の交点で,東北自動車道館林インターチェンジがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android