馬廻(読み)うままわり

世界大百科事典 第2版の解説

うままわり【馬廻】

〈義貞ハ兼テヨリ馬廻ニ勝レタル兵ヲ七千余騎囲マセテ〉(〈《太平記》〉)とあるように,一軍の大将の乗っている馬の周囲を馬廻と言い,転じて合戦社寺参詣などの出行の際,つねに大将である主君の周囲にいて護衛に当たり,全軍の中核をなした親衛隊的な騎馬平侍を指す。馬廻の語は南北朝期以降みられるようになるが,馬廻の事実そのものは,それ以前から武士の家に存在した。任務の性格からしてとくに武芸体力にすぐれた者を選抜してこれに当てた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うま‐まわり ‥まはり【馬廻】

〘名〙
① 一軍の大将の乗っている馬の周囲。
※太平記(14C後)一四「義貞は兼てより馬廻(うまマハリ)に、勝れたる兵を七千余騎囲ませて」
② 大将を護衛して戦う直轄軍。また、その人々。旗本。
※史記抄(1477)一三「直に王にはをそれぢゃほとに、御馬まわりまで、書をまいらせらるるぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報