馮夷(読み)ヒョウイ

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうい【馮夷 Píng yí】

中国の神話にみえる水神。冰夷とも記す。《山海経(せんがいきよう)》海内北経に〈馮夷は人面にして両竜に乗る〉とみえ,人面魚身の河伯が黄河の神であるのに対して,馮夷は竜形の神。司馬相如の《大人賦(たいじんのふ)》,曹植の《洛神賦》に女媧(じよか)と並称され,また郭璞(かくはく)の《江賦》に江妃と男女神とされることもあり,南方の水神である。女媧と並称されるのは,伏羲(ふくぎ)から分化した水神であろう。《荘子》大宗師に,道を得て大川に遊ぶものとされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひょう‐い【馮夷】

河の神の名。ふい。ふうい。
※西源院本太平記(14C後)二三「水練は馮(ヒョウ)夷が道を得たれ」 〔荘子‐大宗師〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android