コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高御座 たかみくら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高御座
たかみくら

古代以来,大極殿紫宸殿などに設けられた天皇御座。転じて,天皇の皇位をもさした。『古事記』『日本書紀』にもみえ,それぞれ「天津高御」「壇場 (たかみくら) 」の字をあて,即位朝賀などの大礼の際,天皇は高御座に着くのを例とした。御座は,黒塗り2壇 (現在のものは3壇) の上に八角形屋形を設置し,屋根に鳳形の飾りをつけたもので,現在は京都御所の紫宸殿におかれており,即位の際にだけ用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たか‐みくら【高座】

大極殿(だいごくでん)または紫宸殿(ししんでん)中央に設けられていた天皇の席。元旦・即位などの大儀のとき用いられた。今は、京都御所紫宸殿に設けられ、即位礼のときにだけ用いられる。3層の黒塗りの壇の上に八角形の屋形を据え、玉座をしつらえる。
天皇の位。皇位。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たかみくら【高御座】

即位や朝賀などの大礼のさいに使用される天皇の座所。はじめ大極殿(だいごくでん)の中央に常置されていたが,その廃亡とともに紫宸殿(ししんでん)に置かれた。唐制を模したもので,南を正面とし,西東北の3方に階段をつけた約5mの方形,高さ約1mの基壇の上に,高さ約3mの八面の屋形を組む。屋根は神輿の形に似た八角,中央に大きな鳳凰,おのおのの隅に蕨手の飾を出し,その上に小さな鳳凰を立て,玉旛を下げる。破風の南北に各5面,その他六方には各3面の鏡と,その間に白玉を唐草で囲んだ彫物を立て並べる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たかみくら【高御座】

即位・朝賀など朝廷の儀式の際、大極殿または紫宸殿の中央に設けた天皇の座。黒塗りの三層の壇の上に、八角形の屋形を据えて帳とばりをめぐらし、内部に畳や茵しとねを重ねて天皇の座とする。
天皇の位。天位。 「 -天の日嗣と/万葉集 4089

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高御座
たかみくら

即位、大嘗会(だいじょうえ)、朝賀(ちょうが)などの儀式のときに天皇の着す座。皇位そのものも意味する。平城宮では大極殿(だいごくでん)に、平安宮では大極殿・豊楽(ぶらく)殿・武徳(ぶとく)殿に設けられた。1177年(治承1)に大極殿が焼亡したのちは、紫宸(ししん)殿に設けられたこともある。現在京都御所の紫宸殿には大正・昭和・平成の即位式に使用されたものが残されている。
 大極殿の母屋(もや)の中央に二段の壇をつくり、東西北三方に階(かい)を設け、8本の柱を立てて八角形の屋形(やかた)を据える。その蓋(かさ)の上には大小の鳳凰(ほうおう)の像と鏡を飾り、屋形の各面には玉幡(ぎょくはん)(玉を連ねて旗のようにしたもの)を垂らし、綾(あや)の帳(とばり)をかけ、周囲の壇上には綾布を敷き詰める。内部には畳や茵(しとね)を重ね、天皇の座を設けた。
 しかし、政治の場が内裏に移行するにつれて、大極殿は荒廃していったらしく、『大鏡』には藤原道長(みちなが)の豪胆さを示す話として、若いころ大極殿に胆試(きもだめ)しに行き、証拠品として高御座の柱を少し削って持ち帰ったことが書かれている。[吉田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の高御座の言及

【朝堂院】より

…前者の藤原宮型の朝堂院は,北から大極殿・朝堂・朝集殿が並ぶ。大極殿は天皇の出御の殿で,高御座を設ける。周囲を回廊で囲み,藤原宮では2面に東殿と西殿をおき,平城宮第2次以降は後殿を設ける。…

※「高御座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高御座の関連キーワード鈴木 表朔(1代目)慶子女王(1)玉旛・玉幡簡子内親王手刀を切る威儀の親王中尾山古墳平子女王鈴木表朔武徳殿晴装束白川家豊楽院日嗣ゆり執翳蛇舌褰帳屏風掠ふ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高御座の関連情報