高柳賢三(読み)たかやなぎけんぞう

日本大百科全書(ニッポニカ)「高柳賢三」の解説

高柳賢三
たかやなぎけんぞう
(1887―1967)

法学者。明治20年5月11日埼玉県熊谷(くまがや)に生まれる。1912年(大正1)東京帝国大学法科大学卒業後、13年同大学助教授となる。15年から5年間欧米に留学し、帰国後教授となり、英米法を教え、学内行政にも力を尽くした。49年(昭和24)成蹊(せいけい)大学学長となり、57年までその職にあった。57年から65年までの8年間、憲法調査会会長として憲法の改正問題の調査、研究に没頭した。67年(昭和42)6月11日香港(ホンコン)で没した。

 彼の学問的生活におけるアメリカの法学者パウンド、ウィグモアらとの親交、交流は有名である。英米法研究の分野では、その判例主義にとらわれることなく、英米法を、成文法主義をとる大陸法との比較において理解しようとした。また、イギリスのダイシーによる法の優位、法の支配の思想を学んで、1930年代の中ごろ、わが国において軍部の政治的圧力による独裁的傾向が高まっているなかで、司法的憲法保障制度としての司法権の優位を跡づけた。これは彼の外国法研究が、法制度の規範的要因の分析、解明に終始することなく、その思想的背景を明らかにすることが必要であるとするその方法論的主張に裏づけられていた証左であろう。なお、極東国際軍事裁判のときにはA級戦犯の弁護人を務め、国際的には常設仲裁裁判所の裁判官を務めた。主著に『英米法の基礎』『英米法源理論』『司法権の優位』などがある。

[水田義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「高柳賢三」の解説

高柳賢三
たかやなぎけんぞう

[生]1887.5.11. 熊谷
[没]1967.6.11. ホンコン
法学者。 1912年,東京大学法科大学を卒業,21年以来同大学で英米法法哲学などを講じた。特にイギリス公法の精緻な研究で知られる。 57年憲法調査会長に任じられた。主著『法律哲学原理』 (1929) ,『英国公法の理論』 (59) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「高柳賢三」の解説

高柳賢三【たかやなぎけんぞう】

英米法学者。埼玉県生れ。1912年東京帝国大学法科大学卒業。1913年より同大学でイギリス法講座を担当,日本の英米法研究を本格的な比較法学として確立した。また日本の民法典商法典英訳尽力。第2次世界大戦後,極東国際軍事裁判弁護人となる。成蹊大学学長・成蹊学園総長,憲法調査会会長を務め,1950年代後半の憲法問題の論議では日本国憲法の制定過程や運用について調査を行った。著書は《英米法源理論》《司法権優位》など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「高柳賢三」の解説

高柳賢三 たかやなぎ-けんぞう

1887-1967 大正-昭和時代の法学者。
明治20年5月11日生まれ。英米法を研究,大正10年母校東京帝大の教授となる。昭和21年貴族院議員として憲法草案の審議に参加,東京裁判の弁護活動などをおこなう。成蹊大学長,憲法調査会会長などをつとめた。昭和42年6月11日死去。80歳。埼玉県出身。著作に「英米法源理論」「司法権の優位」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「高柳賢三」の解説

たかやなぎけんぞう【高柳賢三】

1887‐1967(明治20‐昭和42)
英米法学者。埼玉県熊谷生れ。1912年東京帝国大学法科大学卒業。13年同大学助教授,21‐48年同教授としてイギリス法講座を担任した。英米法をその歴史的・社会的・思想的背景に深く留意しつつ研究し,フランス法における杉山直治郎(1878‐1966)とともに,それまでは法準則の単なる紹介に終始していた日本における外国法研究に新風を吹きこんだ。法哲学にも関心をもち,33‐34年,35‐37年に東京帝国大学の法理学講座を担当したこともある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android