高根鉱(読み)たかねこう(英語表記)takanelite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高根鉱
たかねこう
takanelite

広義の二酸化マンガン鉱物の一つ。1971年(昭和46)南部松夫(なんぶまつお)(1917―2009)らによって、愛媛県野村町(現、西予(せいよ)市野村町)野村鉱山(閉山)の変成層状マンガン鉱床の酸化帯から発見された。ランシー鉱の二価マンガン(Mn2+)置換体に相当するとされるが、これに比べると高根鉱は水分の量がかなり少ない。単位格子と測定比重から計算すると、原記載で与えられた式の4分の1がこれに収まることになるので、データ・ノートではこの式を採用している。原産地ではブラウン鉱、轟石(とどろきいし)、針鉄鉱、ハロイサイトhalloysite(カオリン鉱物の一種)、石英などと共存し、韓国の慶尚北道奉化郡にある将軍鉱山ではエヌスタ鉱、軟マンガン鉱などと共存する。命名は東北大学の鉱床学者高根勝利(たかねかつとし)(1899―1945)にちなむ。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android