コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高湯温泉 たかゆおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高湯温泉
たかゆおんせん

信夫高湯,吾妻高湯とも呼ぶ。福島県北部,吾妻火山群の北東麓にある温泉。標高約 750m。福島市に属する。蔵王温泉白布温泉とともに奥州三高湯の1つ。元湯と玉子湯に分れ,湯量は豊富。泉質は硫黄泉泉温は約 50℃。皮膚病などに特効。付近に吾妻山ヤエハクサンシャクナゲ自生地があり,天然記念物に指定されている。磐梯吾妻スカイラインの開通によって,観光温泉地として発展。磐梯朝日国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕高湯温泉(たかゆおんせん)


福島市西部、吾妻(あづま)山東斜面にわく行楽・保養向きの温泉。奥州三高湯の一つ。磐梯(ばんだい)吾妻スカイラインの福島市側の入り口で、吾妻山・磐梯高原観光の基地。南1kmの不動沢(ふどうさわ)はシャクナゲ・紅葉の名所。スキー場・ゴルフ場も近い。酸性-含硫黄・(ナトリウム)-硫酸塩泉(硫化水素型)。泉温49℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

高湯温泉の関連キーワード吾妻高湯[温泉]山形県米沢市温泉(地学)吾妻高湯温泉信夫高湯土湯温泉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高湯温泉の関連情報