コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田博厚 たかたひろあつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高田博厚
たかたひろあつ

[生]1900.8.19. 石川,七尾
[没]1987.6.17. 神奈川,鎌倉
彫刻家。 1919年東京外国語学校イタリア語科入学,21年同校を退学し彫刻を始めた。高村光太郎の推薦でコンディービーの『ミケランジェロ伝』を翻訳出版。 27年大調和展に初めて作品を発表,29年国展に出品し新鮮な造形をみせた。 31年渡仏,長い外国生活中,37年にパリ日本美術家協会を設立し,57年帰国。幅広い分野で活躍したが,引退して制作に専念。 62年新制作協会会員。主要作品『フーロン夫人像』 (1931,東京国立近代美術館) ,『女のトルソー』 (37,東京芸術大学) 。著書も多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

高田博厚【たかだひろあつ】

彫刻家。石川県生れ。東京外大中退。高村光太郎に師事。1931年―1951年滞仏。ロダンらに学び,第2次大戦中はレジスタンス運動に参加。昭和の日本の知識人としては特異なあり方を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田博厚 たかた-ひろあつ

1900-1987 昭和時代の彫刻家。
明治33年8月19日生まれ。高村光太郎の勧めで彫刻の制作や翻訳に従事。昭和6年フランスにわたりマイヨールロダンにまなび,ロマン=ロランらおおくの文学者,美術家と交遊。32年帰国し新制作協会に所属,著述活動もおこなった。昭和62年6月17日死去。86歳。石川県出身。東京外国語学校(現東京外大)中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たかたひろあつ【高田博厚】

1900~1987) 彫刻家。石川県生まれ。高村光太郎に学び、渡仏後、ロダン・ブールデルに師事。多くの肖像を制作。文筆にすぐれ、著訳書も多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高田博厚
たかだひろあつ
(1900―1987)

彫刻家。石川県七尾(ななお)に生まれる。1918年(大正7)上京して東京外国語学校イタリア語科に入学したが、21年中退、高村光太郎(こうたろう)の勧めでゴンデビの『ミケランジェロ伝』の訳注を始め、このころから彫刻を制作。27年(昭和2)大調和展、ついで国展に出品した。31年渡仏して37年にはパリ日本美術家協会を設立する。第二次世界大戦中もパリに滞在し、ロマン・ロランをはじめ多くの文学者、美術家と交遊、その彫像を制作している。57年(昭和32)帰国、新制作協会会員となった。文筆でも活躍し、訳著書が多い。[三木多聞]
『高田博厚編著『素描ロダン・ブールデル・マイヨル』(1973・岩崎美術社) ▽ゴンデヴィ著、高田博厚訳『美術名著選書21 ミケランジェロ伝』(1978・岩崎美術社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の高田博厚の言及

【明治・大正時代美術】より

…26年斎藤素巌(そがん)(1889‐1974),日名子実三(ひなこじつぞう)(1893‐1945)らは,建築と彫刻の結びつきを主張して構造社を結成する。また同年,国画創作協会に彫刻が加わったとき,ブールデルに学んで帰国した金子九平次(くへいじ)(1895‐1968)が中心となったが,28年に同会が国画会に改組すると,高村光太郎,清水多嘉示(たかし)(1897‐1981),高田博厚(ひろあつ)(1900‐87)らが加わった。さらに,39年国画会彫刻部は解散するが,36年に結成された新制作派協会に,新進の本郷進,柳原義達,佐藤忠良(ちゆうりよう),舟越保武らが結集する。…

※「高田博厚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高田博厚の関連キーワード酒井雄三郎アンダーソンアンベールウォルシュ江口三省フロランムルデルグラノライトアリュート岩クラ岩

高田博厚の関連情報