コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高知城 こうちじょう

日本の城がわかる事典の解説

こうちじょう【高知城】

高知県高知市丸の内にある平山城(ひらやまじろ)。国指定史跡。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。本丸の建物のほとんどが現存する国内唯一の城である。高知平野の中央に位置し、鏡川と江ノ口川を外堀として利用、大高坂山(おおたかさやま)(標高40m)の山頂を石垣や塀で囲み、南に本丸、北に二の丸、北東に三の丸を配した。関ヶ原の戦いで戦功をあげた山内(やまのうち)一豊は、土佐一国を与えられ、1601年(慶長6)浦戸城(高知市)に入った。しかし、浦戸は土地が狭いため、城下町をつくるには不適と考え、新しい城地に大高坂山を選び、築城を開始した。もともとこの地は、南北朝時代に築かれた大高坂山城があったところ。また、1588年(天正16)、長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)が、岡豊城(おこうじょう)から移り住んだものの、洪水に悩まされて数年で撤退していた。1603年(慶長8)に本丸と二の丸が完成したため、一豊は浦戸城を廃して入城した。この時、2つの川の間に立地することから、河中山城(こうちやまじょう)と改めた。2代藩主の忠義(ただよし)は、水害が繰り返されることから「河中」の文字を忌み嫌い、高智山城と改名した。のちに省略して高知城、地名も高知と呼ぶようになる。1611年(慶長16)に三の丸が竣工し、高知城が完成した。そびえる天守は、一豊の前任地である掛川城(静岡県掛川市)の天守を模したものという。1727年(享保12)、城下の大火に類焼して、ほとんどの建築物を焼失した。8代豊敷(とよのぶ)は、1729年(享保14)から城の再建に取りかかり、1753年(宝暦3)に完了した。現在ある建造物は、この時に再建されたものである。以来、高知城は大きな修築はなく、山内家16代の居城として明治維新を迎えた。1873年(明治6)の廃城令により高知公園になり、現存する建造物以外のものは取り壊された。現在、四重6階の天守、本丸御殿(ほんまるごてん)、黒鉄門(くろがねもん)、詰門(つめもん)、廊下門、西多聞櫓(にしたもんやぐら)、東多聞櫓(ひがしたもんやぐら)、石垣、土塀、堀などが現存する。土佐電鉄伊野線高知城前駅から徒歩10分。◇大高坂山城(おおたかさやまじょう)、河中山城(こうちやまじょう)ともいう。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうち‐じょう〔カウチジヤウ〕【高知城】

高知市にある城。関ヶ原の戦い後、土佐藩主山内一豊が築城し、慶長8年(1603)本丸完成。その後焼失し、延享4年(1747)以降再建。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高知城
こうちじょう

戦国期~江戸期の城。高知市丸ノ内にある。1588年(天正16)長宗我部元親(ちょうそがべもとちか)が、南北朝期に大高坂(おおたかさ)松王丸の拠(よ)っていた大高坂山に城を築き始めたが、潮江(うしおえ)川(鏡(かがみ)川)と江ノ口川の洪水に苦しめられて放棄。元親は浦戸(うらど)城を居城としていた。1601年(慶長6)長宗我部氏にかわって20万石の大名として土佐に入ってきた山内一豊(やまうちかずとよ)はただちに大高坂山に築城を始め、03年に本丸、二の丸を完成して入城した。三の丸部分まで完成したのは11年で、その前年、名を高知と改めている。一豊時代の天守は1727年(享保12)に焼失し、現在の天守閣は1747年(延享4)に再建されたものであるが、大屋根に望楼をのせ、勾欄廻縁(こうらんかいえん)式の慶長期の古風な様式をとどめている。ほかに大手門、懐徳館(本丸正殿)など建造物も多い。[小和田哲男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高知城の関連キーワード山内一豊(やまうちかずとよ)高知県高知市丸ノ内尾戸焼・能茶山焼堀内 寿太郎細川 風谷よさこい節補陀落天俊西山 志澄西村 亮吉高知(市)山本 幸彦神山 郡廉村木 雅美竹内 正策尾崎忠治富永惟安北川玄伯楠瀬喜多市原峴山宮地厳夫

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高知城の関連情報