高血圧治療βブロッカー製剤(読み)コウケツアツチリョウベータブロッカーセイザイ

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版の解説

高血圧治療βブロッカー製剤

製品名
《アセブトロール塩酸塩製剤》
《アテノロール製剤》
《カルテオロール塩酸塩製剤》
ミケランLA(大塚製薬)
《セリプロロール塩酸塩製剤》
セリプロロール塩酸塩(大興製薬、武田テバファーマ、武田薬品工業、長生堂製薬、東和薬品、日本ジェネリック、日医工)
セレクトール(日本新薬)
《ナドロール製剤》
《ニプラジロール製剤》
ハイパジール(興和創薬、興和)
《ピンドロール製剤》
ブロクリン‐L(高田製薬)
《ビソプロロールフマル酸塩製剤》
《プロプラノロール塩酸塩製剤》
《ベタキソロール塩酸塩製剤》
ケルロング(サノフィ)
タルロング(武田テバ薬品、武田テバファーマ、武田薬品工業)
ベタキソロール塩酸塩(沢井製薬、武田テバファーマ、武田薬品工業、東和薬品、日本ジェネリック)
《メトプロロール酒石酸塩製剤》
セロケンL(アストラゼネカ)
ロプレソールSRサンファーマ、田辺三菱製薬)

 交感神経のβベータ受容体にはたらきかけ、血圧を上昇させるカテコールアミンという物質の生成や作用を抑え、血圧を下げる薬です。軽症、中等症の本態性高血圧症の治療に用います。


 またそのほかに、心臓の収縮力や拍動を抑えるはたらきをもった薬もあります。


 ベタキソロール製剤セリプロロール塩酸塩製剤は、腎実質性高血圧症、狭心症の治療にも用いられます。副作用が少なく、効果が24時間続くため、1日1回の内服で十分な効果があります。


 メトプロロール酒石酸塩製剤の徐放錠は本態性高血圧の治療に用いられますが、普通錠は狭心症、頻脈性不整脈の治療にも用いられます。心臓のβ1受容体を選択的に阻害し、心機能の亢進を抑制しますが、過剰な心拍抑制はおこしません。


 ニプラジロール製剤は、狭心症の治療にも用いられます。交感神経のβ受容体を遮断すると同時に、静脈動脈の両方の血管を拡張して血圧を下げる作用のほか、ストレスによる心臓の負担を軽減する作用もあります。


 カルテオロール塩酸塩製剤の徐放カプセルは本態性高血圧の治療に用いられますが、錠剤などは心臓神経症、不整脈、狭心症にも用いられます。


 ピンドロール製剤は、洞性頻脈、狭心症の治療にも用いられます。過剰な心拍抑制はおこさないため、心機能の低下した高齢者などに使用されます。


 アテノロール製剤ナドロール製剤は、狭心症、頻脈性不整脈の治療にも用いられます。ビソプロロールフマル酸塩製剤は、狭心症、心室性期外収縮の治療、虚血性心疾患または拡張型心筋症に基づく慢性心不全(ACE阻害剤、ARB、利尿薬、ジギタリス製剤治療中)の治療、頻脈性心房細動の治療にも用いられます。アセブトロール塩酸塩製剤は、狭心症、頻脈性不整脈の治療にも用いられ、心臓のβ1受容体を選択的に阻害することで、心機能の亢進を抑制します。プロプラノロール製剤は、狭心症、褐色細胞腫手術時、期外収縮、頻拍性心房細動、洞性頻脈、新鮮心房細動、発作性頻拍の予防、発作性心房細動の予防、片頭痛発作の発症抑制、右心室流出路狭窄きょうさくによる低酸素発作の発症抑制にも用いられます。


①過敏症状(発疹ほっしんなどのアレルギー症状)が現れたり、かすみ目、涙液が減少することがあります。このような症状が現れたときは使用を止め、医師に相談してください。


 またそのほかに、薬によっては次のような症状が現れることがあります。


 ベタキソロール製剤では、完全房室ブロック、心胸比増大が現れることがあります。


 メトプロロール酒石酸塩製剤では、心原性ショック、うっ血性心不全、房室ブロック、徐脈、洞機能不全、喘息ぜんそく症状誘発・悪化、肝機能障害、黄疸おうだんが現れることがあります。


 セリプロロール塩酸塩製剤では、心不全、房室・洞房ブロックが現れることがります。


 ニプラジロール製剤では、心不全、完全房室ブロック、洞停止、高度徐脈が現れることがあります。


 カルテオロール塩酸塩製剤では、房室・洞房ブロック、洞不全症候群、洞停止などの徐脈性不整脈、うっ血性心不全、冠攣縮性狭心症、失神が現れることがあります。


 ピンドロール製剤では、心不全、心胸比増大、喘息症状が現れることがあります。


 このような症状が現れたときは使用を止め、医師に相談してください。


②めまい・頭痛・動悸どうき胸痛倦怠感けんたいかん(だるさ)・鼻汁せきなどがおこることがあります。


 このような症状が現れたら、医師に相談してください。


①錠剤やカプセルで、食後の服用が原則です。1日の服用回数と服用時間・1回の服用量について医師の指示をきちんと守り、かってに中止したり、減量・増量しないでください。


 服用を忘れたからといって、2回分をいちどに服用すると血圧が下がりすぎて、ひどいめまい、転倒などがおこることもあります。服用し忘れたときは、その分は抜いて、次回から正しく服用するようにしてください。


問診の際にあらかじめ、持病・アレルギーなどの体質・現在使用中の薬の有無を医師に報告するとともに、使用前に薬の効果と副作用について医師からよく説明を聞いておき、注意事項をきちんと守ってください。


 とくに、糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシス、高度な徐脈、房室ブロック(Ⅱ・Ⅲ度)、洞房ブロック、心原性ショック、肺高血圧による右心不全、長期間絶食している人、肺高血圧症、重い肝・腎機能障害、未治療の褐色細胞腫のある人、薬によっては気管支喘息、気管支けいれん、うっ血性心不全、低血圧、血管拡張薬静注が必要な心不全、重度の腎障害、末梢循環障害、長期の絶食、異型狭心症、慢性閉塞性肺疾患、洞不全症候群、β遮断薬に過敏症のある人などは、必ず医師に報告してください。この薬を使用できないこともあります。


 また、使用するときは、医師の指示をより厳重に守ってください。


③長期間使用するときは、定期的な診察・検査が必要です。医師から指示された検査は必ず受けてください。


④使用中にめまい、ふらふら感がおこることがあります。自動車の運転、高所での作業などにたずさわる人は、医師に相談してください。カルテオロール塩酸塩製剤を使用中の人は、これらの作業は避けてください。


⑤減塩、カロリー制限などを指示された食事療法は正しく守ってください。


⑥薬によっては、妊婦あるいは妊娠している可能性のある人、母乳で授乳中の人は、使用できないことがあります。あらかじめその旨を医師に報告してください。


⑦高齢者が服用するときは、副作用が現れやすいため、家族も薬の効果や使用上の注意事項をよく知っておき、医師の指示通り正しく服用できるように協力してください。


⑧これらの薬を使用しているときにほかの薬を使用する必要が生じたときは、必ず医師に相談してください。


 薬によっては、血糖降下剤カルシウム拮抗剤クロニジン塩酸塩製剤ジソピラミド製剤プロカインアミド塩酸塩製剤ジギタリス製剤などと併用すると、薬の効果が強まることがあります。

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android