コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高野口[町] こうやぐち

百科事典マイペディアの解説

高野口[町]【こうやぐち】

和歌山県北東部,伊都(いと)郡の旧町。主集落は紀ノ川右岸にあり高野山登山口集落として繁栄,南海電鉄高野線からはずれ一時衰微したが,高野竜神スカイラインの開通により再び発展。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうやぐち【高野口[町]】

和歌山県北東部,伊都郡の町。人口1万5860(1995)。北は大阪府に接する。紀ノ川上流の北岸に位置し,町域は南から紀ノ川沿いの発達した河岸段丘,丘陵地,和泉山脈からなる。大和街道と高野街道の分岐点に当たり,高野山に登る紀ノ川の渡し場として発展,対岸の九度山と対向集落をなした。1908年国鉄(現JR)和歌山線の開通で高野参りの乗降地として栄えたが,24年開通の南海高野線は通らず,観光面では衰えた。紀ノ川に沿って国道24号線が通る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android