コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯖江藩 さばえはん

3件 の用語解説(鯖江藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鯖江藩
さばえはん

江戸時代,越前国 (福井県) 今立 (いまだち) 郡鯖江地方を領有した譜代小藩。享保5 (1720) 年に間部詮言 (あきとき) が越後 (新潟県) 村上から5万石で入封したが,文久2 (1862) 年に藩主詮勝が老中在職中の失敗により1万石を減封された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典の解説

さばえはん【鯖江藩】

江戸時代越前(えちぜん)国今立(いまだて)郡鯖江(現、福井県鯖江市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は進徳館。1720年(享保(きょうほう)5)に、越後(えちご)国村上藩の藩主間部詮言(まなべあきとき)が鯖江5万石に移封(いほう)され立藩した。詮言の兄で間部氏の元祖詮房(あきふさ)は、上野(こうずけ)国高崎藩5万石を与えられ、新井白石とともに6代将軍徳川家宣(いえのぶ)、7代将軍徳川家継(いえつぐ)に仕えて老中格に任じられた。しかし、1716年(享保(きょうほう)1)に徳川吉宗(よしむね)が8代将軍になると退けられ、村上藩に転封(てんぽう)(国替(くにがえ))となった。さらに20年に詮房が没し弟の詮言が継ぐと、27戸しかない寒村鯖江への移封を命じられたのである。以後明治維新まで間部氏9代が続いたが、城下町設営に莫大な費用がかかり、財政はいつも苦しかった。7代詮勝(あきかつ)は老中にまでのぼり、大老 井伊直弼(なおすけ)を助け、尊王攘夷派を弾圧した。そのため、井伊暗殺後の1862年(文久(ぶんきゅう)2)に隠居謹慎を命じられ、1万石減封の4万石にされた。71年(明治4)の廃藩置県により、鯖江県、敦賀(つるが)県、石川県を経て、81年福井県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鯖江藩
さばえはん

越前(えちぜん)国今立(いまだて)郡鯖江(福井県鯖江市)に本拠を置く5万石の譜代(ふだい)藩。藩主間部(まなべ)氏。藩領域は越前3郡130か村、大部分が今立郡内で105か村、ほかは丹生(にう)郡に14か村と大野郡に11か村あった。
 間部氏の元祖詮房(あきふさ)は、能楽師喜多(きた)六太夫の弟子であったが、徳川綱豊(つなとよ)(のち6代将軍家宣(いえのぶ))にみいだされ、のちその側用人(そばようにん)となり、上野(こうずけ)(群馬県)高崎城主となった。家宣・家継(いえつぐ)2代に近侍し、新井白石(あらいはくせき)とともに「正徳の治(しょうとくのち)」を行ったが、1716年(享保1)側用人を免ぜられて越後(えちご)(新潟県)村上に移封された。20年詮房没して弟詮言(あきとき)が家督を相続したが、領地は越前鯖江へ転封となった。当時の鯖江は、幕府の代官陣屋があったものの家数27戸の寒村にすぎず、城下町として整備されるには8か年を要した。戸口は、1868年(明治1)の記録によると888戸、3611人であった。
 詮言を鯖江の初代とする同藩は、9代、150年間続いた。歴代藩主中でもっとも活躍したのは7代詮勝(あきかつ)であり、1840年(天保11)と58年(安政5)の二度老中の職についている。後の老中在任中では大老井伊直弼(なおすけ)を助けていわゆる「安政(あんせい)の大獄」を指揮したが、そのことで62年(文久2)領地1万石を削られ、隠居謹慎に処せられた。71年(明治4)廃藩、鯖江・敦賀(つるが)・石川各県を経て81年福井県に編入。[舟澤茂樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鯖江藩の言及

【越前国】より

…農業では大地主は生まれなかったが,越前海岸から若狭にかけての漁業が技術の先端を示した。そのほか福井藩五箇(ごか)の奉書や鳥の子紙,福井城下の絹織物,府中の打刃物,鯖江藩の漆器と漆搔き,大野藩の面谷(おもだに)銅山,勝山藩のタバコなどが著名。交通は,陸上で北陸街道(北国路)が北進し,近江国境の栃ノ木峠を越えた板取駅から加賀国境の細呂木(ほそろぎ)駅まで15駅置かれたほか,西街道,美濃街道などが通った。…

※「鯖江藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鯖江藩の関連キーワード越前藩越前市越前蟹えちぜん大岡越前〈第10部〉大岡越前〈第2部〉越前奉書大岡越前守今立〈町〉今立春山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鯖江藩の関連情報