鳥インフルエンザ(読み)とりいんふるえんざ(英語表記)avian influenza

知恵蔵の解説

鳥インフルエンザ

ヒトのものとは異なるウイルスによって発症する鳥のインフルエンザで多数の亜型がある。特に強い病原性を示すものを高病原性鳥インフルエンザという。人畜共通感染症世界保健機関の発表(2007年10月31日)によると、03年以降の感染確認者は12カ国333人、うち死者は11カ国204人にのぼる。人間の感染は東南アジアや中国に集中していたが、次第に中央アジア、西アジアにも拡大した。06年にはヨーロッパ、中東、アフリカでH5N1型ウイルスによる渡り鳥家禽(かきん)類の死亡が確認されたが、それ以降にトルコやイラクの他、エジプトジブチナイジェリアでも人間の感染と死者が発生した。日本では04年に山口県、大分県、京都府でH5N1型が、05年6月に茨城県でH5N2型が発生した。07年にも宮崎県と岡山県で合計4件の発生があったが、5月8日にはOIEの規定に従い清浄国となった。鳥インフルエンザは健康被害に加え、感染した鶏の殺処分、発生源周辺地域の鶏肉や卵の出荷停止、発生国からの鶏肉貿易停止など経済的にも多大な影響を及ぼす。

(池上甲一 近畿大学農学部教授 / 2008年)

鳥インフルエンザ

鳥類間でウイルスにより感染する高病原性のインフルエンザ。1997年からアジア(インドネシア、タイ、ベトナム、中国など)で大流行し、養鶏場の鶏が大量に死滅して養鶏業者に大打撃を与える。日本でも2004年1月に山口県で発生し、以来大分、兵庫、京都などの各府県でも。鳥から人への感染力は弱いが、感染すると死亡率が極めて高い(感染死亡者:最大はインドネシア89人、 07年10月現在)。これまで、人から人への感染例はない。また、鶏肉や鶏卵を食べて人に感染した例もない。

(的場輝佳 関西福祉科学大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鳥インフルエンザ

鶏やアヒルなどの鳥類が感染するインフルエンザ。ウイルスの型がH5とH7のものが病原性が高いとされ、致死率も高い。ウイルスは鳥や豚などに感染を繰り返して突然変異し、強い毒性を持つことがある。農林水産省などによると、東南アジアなど世界中で毎年のように流行している。2003~04年には日本などアジアを中心にH5N1型が大流行し、1億羽以上の鶏などが死んだり、処分されたりした。今年に入って韓国でH5N8型が大流行し、先月末までに1100万羽以上が殺処分された。昨年は中国でH7N9型の人への感染が報告された。

(2014-04-15 朝日新聞 朝刊 1総合)

鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザウイルスを原因とし、主に鳥の間で流行するインフルエンザ。人や鳥、ネズミなどの野生生物を介して持ち込まれる可能性が指摘されている。高い致死率と強い感染力がある「高病原性」に感染した場合、家畜伝染病予防法で殺処分が義務づけられている。肉や卵を食べることで人に感染した事例は報告されていない。

(2016-11-29 朝日新聞 夕刊 1総合)

鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザウイルスを原因とし、主に鳥の間で流行するインフルエンザ。人や鳥、ネズミなどの野生生物を介して持ち込まれる可能性が指摘されている。高い致死率と強い感染力がある「高病原性」に感染した場合、家畜伝染病予防法で殺処分が義務づけられている。 肉や卵を食べることで人に感染した事例は報告されていない。

(2016-11-29 朝日新聞 夕刊 1総合)

鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザウイルスを原因とし、主に鳥の間で流行するインフルエンザ。人や鳥、ネズミなどの野生生物を介して持ち込まれる可能性が指摘されている。高い致死率と強い感染力がある「高病原性」に感染した場合、家畜伝染病予防法で殺処分が義務づけられている。肉や卵を食べることで人に感染した事例は報告されていない。

(2016-11-30 朝日新聞 朝刊 新潟全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

とり‐インフルエンザ【鳥インフルエンザ】

A型インフルエンザウイルスによって引き起こされる鳥の感染症自然宿主である野生の水鳥は発症しないが、鶏やウズラなどの家禽が感染すると重篤な症状を引き起こすものがあり(高病原性鳥インフルエンザ)、養鶏などの産業に大きな損害を与えることがある。通常、人には感染しないが、感染源と密接に接触した場合などに、まれに感染することがある。AI(avian influenza)。バードフル。→豚インフルエンザ
家畜伝染病予防法で、高病原性鳥インフルエンザや低病原性鳥インフルエンザに分類されない鳥インフルエンザのこと。ウイルス亜型がH5またはH7以外で、病原性の低いものがこれにあたる。
[補説]家畜伝染病予防法では、高病原性鳥インフルエンザ・低病原性鳥インフルエンザ・鳥インフルエンザの3つに分類される。海外では人への感染も確認されていることから、感染症予防法では、H5N1型の鳥インフルエンザが2類感染症、H7N9型指定感染症、それ以外のものが4類感染症に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鳥インフルエンザ【とりインフルエンザ】

A型インフルエンザウイルスの感染によって起こる鳥類の病気で,ニワトリなどの家禽に多く見られる。このうち感染した鳥類が死亡するなど全身症状のとくに強い病原性を示すものは高病原性鳥インフルエンザと呼ばれ,突然死のほか神経症状,呼吸器症状,下痢,産卵率低下,皮下出血などの症状を呈する。ほとんどの鳥インフルエンザウイルスは人には感染しないが,H5N1型ウイルスなどの人への感染・死亡例が報告され,世界保健機関は流行拡大への警戒を強めている。世界的には21世紀初め頃,とくに2003年のオランダ,ベルギー,韓国,ベトナムなどでの流行から目立つようになり,2005年には東南アジアで猛威をふるい,ヨーロッパでも相次いで確認されるなど世界的な拡大がみられた。国連食糧農業機関(FAO)や世界保健機関が警告を発し,鳥インフルエンザ対策の国際会議も開かれている。日本では2004年1月,79年ぶりに山口県の採卵鶏農場で発生し,その後大分県,京都府,埼玉県,茨城県などで確認された。2009年愛知県でH7N6亜型が確認されている。2014年4月熊本県の養鶏場で高病原性の鳥インフルエンザウィルスH5N8亜型が日本ではじめて確認された。熊本県はただちに防疫措置をとり,2014年4月16日現在新たな感染は確認されていないと発表した。環境省も10km圏内の野鳥調査を実施,異常は見当たらないとしている。
→関連項目インフルエンザ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

農林水産関係用語集の解説

鳥インフルエンザ

A型インフルエンザウイルス感染による鳥類の疾病。
鳥インフルエンザのうち鶏等に高致死性の病原性を示すもの等を高病原性鳥インフルエンザと呼ぶ。
鶏等が感染すると、全身症状をおこし、神経症状、呼吸器症状、消化器症状等が現れ、大量に死亡することもまれではない。
なお、鳥インフルエンザウイルスは、生きた鳥との濃厚接触により人に感染した例が知られているものの、鶏卵、鶏肉を食べることにより感染することは報告されていない。

出典 農林水産省農林水産関係用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

とりインフルエンザ【鳥インフルエンザ】

にわとりや七面鳥など、家禽かきんを含む鳥類に感染するインフルエンザの総称。このうち急性で罹病りびよう率や致死率の高いものを高病原性鳥インフルエンザとよぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥インフルエンザ
とりインフルエンザ
Avian influenza

A型インフルエンザウイルス(→インフルエンザ)が鳥に感染して起こす病気。野鳥では無症状なことが多いが,ニワトリなど家禽に感染すると大量に死亡することも少なくない。まれにヒトにうつり,死亡することがある。日本では家畜伝染病予防法で法定伝染病となっている(→家畜法定伝染病)。鳥インフルエンザウイルスはヒトのインフルエンザと同じくオルソミクソウイルス科に属する RNAウイルスで,表面にある HA(ヘマグルチニン)蛋白と NA(ノイラミニダーゼ)蛋白の型から分類されるが,家禽に重篤な症状を引き起こすのは,H5型,H7型とされている。野生のガン,カモ,シギ,チドリなどの腸内細胞で増殖し,糞便で媒介される。渡り鳥による伝播があるため,一国内での封じ込めはかなり困難である。ニワトリ,アヒル,シチメンチョウなどの家禽に感染したウイルスが感染・増殖を繰り返すと変異を起こして高病原性ウイルスとなると考えられ,鳥に神経症状,呼吸器症状,下痢などの消化器症状を現して大流行・大量死亡を引き起こす。以前は家禽ペストと呼ばれた。1902年のイタリアでの流行例が鳥インフルエンザの最初の確認記録で,これまでヨーロッパ,アメリカ合衆国,オーストラリア,東アジアなどで流行し,1980年代後半から増加した。日本では 1925年が最初の流行で,2004年1月からの流行は 79年ぶり。養鶏場勤務者,防疫関係者など,病気の家禽と接触したヒトに感染する例がホンコン,ベトナム,オランダなどで発生しているが,ヒトからヒトへの感染はごくまれとされている。肉や卵からの感染は確認されていない。ヒト感染には抗ウイルス剤が効果があるとされるが,ワクチンによる対応はウイルス変異のため難しい。鳥からブタ,そしてヒトという感染経路のなかでヒトインフルエンザの新型ウイルスが発生するという可能性も指摘されており,鳥インフルエンザは公衆衛生上の大きな問題となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥インフルエンザの関連情報