コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥毛立女屏風 トリゲリュウジョノビョウブ

デジタル大辞泉の解説

とりげりゅうじょのびょうぶ〔とりげリフヂヨのビヤウブ〕【鳥毛立女屏風】

正倉院に伝わる屏風の一。六扇からなり、各扇に唐装の婦人を一人配した樹下美人図天平勝宝8年(756)の東大寺献物帳に記載される。頭髪・着衣・樹木などにヤマドリの羽毛が貼(は)られていたのでこの名があるが、現在はほとんど剥落(はくらく)して下図の墨線のみとなり、彩色された面貌(めんぼう)だけが当初の様相をとどめている。「とりげたちおんなびょうぶ」ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鳥毛立女屏風【とりげりつじょのびょうぶ】

樹下美人図》とも通称される。正倉院蔵6曲の屏風絵。6曲の各扇に樹下に1人の女性と1個の岩を配す。顔と手を除き,鳥毛をはりつけてあったのでこの名があるが,現在鳥毛は剥落(はくらく)し下絵の描線が露出。
→関連項目屏風

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

鳥毛立女屏風(とりげりつじょのびょうぶ)

正倉院に伝わる屏風の一つ(756)。『樹下美人図』とも呼ばれる。樹下に佇む唐の装束を着た婦人を描いた、六扇からなる屏風絵。奈良、正倉院所蔵。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥毛立女屏風
とりげりつじょのびょうぶ

正倉院に伝わる屏風の一つ。「樹下美人図」ともよぶ。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)8年(756)の『東大寺献物(けんもつ)帳』に「六扇」と記載されているが、現在は解かれてばらばらになり、その順序はわからない。紙に白土(はくど)を地塗りした上に、墨で樹下に立つ1人の唐風美人を描き、顔など一部に彩色を施す。人物の姿態は六扇ともそれぞれ異なる。もと画面に鳥の羽毛が貼(は)られていたが、いまはほとんど剥落(はくらく)。ただし、わずかに残る羽毛は日本産ヤマドリのものといわれ、さらに一扇の下貼紙に「天平勝宝4年」の日付のあることなどからして、数少ない奈良朝絵画の遺品として貴重である。[永井信一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鳥毛立女屏風の関連キーワード島田 修二郎島田修二郎日本美術室内装飾美人画水墨画眉墨

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥毛立女屏風の関連情報