コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樹下美人図 ジュカビジンズ

デジタル大辞泉プラスの解説

樹下美人図

正倉院に伝わる屏風の一つ『鳥毛立女屏風』の別名

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅかびじんず【樹下美人図】

樹下美人図〉と通称されるのは,正倉院《鳥毛立女屛風(とりげりつじよのびようぶ)》やアスターナ出土の《樹下人物図》(東京国立博物館,MOA美術館)などを指し,樹木の傍らに立つ男女,ことに女性を描くことが,古代アジアにおいて特殊な画題であったと考えられる。8世紀を中心に,唐王朝の文化の及んだ東は日本から西はトゥルファンに至る広い範囲に,この画題の作品が見られる。しかし画題の意味するところは必ずしも明確ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の樹下美人図の言及

【生命の樹】より

…すでに前3千年紀のスーサ出土の円筒印章には動物を伴った樹木文様や,樹下に聖獣を配したものがある。聖獣のかわりに女神を配したものは,いわゆる〈樹下美人図〉と呼ばれる文様で,正倉院の《鳥毛立女屛風(とりげりつじよのびようぶ)》は有名である。このモティーフはイランのハオマの豊穣の女神アナーヒターとの結びつきから生じている。…

【鳥毛立女屛風】より

…8世紀中ごろに描かれた正倉院伝来の数少ない画屛風。遠く中東からアジア全域に伝わる〈樹下美人図〉を立像と座像3扇ずつ6扇に描いている。衣服の部分に当初貼付(ちようふ)されていたヤマドリなどの羽毛はほとんど剝落したが,幸い顔容には補筆も少なく,その豊麗な表情には盛唐文化の影響のもとに国際的な芸術様式の一翼を担った天平文化の息吹が感じられる。…

※「樹下美人図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

樹下美人図の関連キーワード鳥毛立女の図屏風・鳥毛立女の図屛風鳥毛立女図屏風章懐太子墓美人画頬紅宝髻

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

樹下美人図の関連情報