コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥見 トリミ

世界大百科事典 第2版の解説

とりみ【鳥見】

江戸時代,鷹場の維持・管理を担当した役人,職制。幕府の職制としての成立はいつごろか不明であるが,職名は家康の時期からみられる。1643年(寛永20)9月,10名の任命をもって制度的な確立とされる。元禄期(1688‐1704)になると,生類憐みの令の政策に関連して人員が削減され,96年10月には廃職となった。1716年(享保1)8月放鷹(ほうよう)(鷹狩)制の復活とともに8名が任ぜられたのをはじめとしてつぎつぎと任命され,18年江戸近郊鷹場の6筋再編により,各筋3~8名が配置された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とりみ【鳥見】

江戸幕府の職名。若年寄に属し、将軍の狩猟地を巡検し、鳥の所在を調査する職。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥見
とりみ

江戸幕府や諸藩でみられる職名。鷹場(たかば)で鷹狩の獲物となる鳥類の生息にかかわる幅広い職務を担い、そのための取り締まりにあたった。江戸幕府の場合、当初老中の支配であったが、のち若年寄の支配に属し、鳥見組頭の下に置かれた。享保期(1716~1736)に、幕府鷹場のうち御拳場(おこぶしば)が葛西(かさい)・岩淵・戸田・中野・品川(のち目黒)・六郷(のち品川)の6筋に分けられると、それぞれの筋に設置された鳥見役宅に常駐し(これを在宅鳥見という)、また数人ずつが筋ごとに担当として配置された(これを筋掛鳥見という)。御拳場での鳥類の生息状況を把握し、鷹場の維持管理につとめ、鷹場法度(たかばはっと)に違反した者を摘発した。これに関連して、鷹場内の建物の新築・建て替えの見分・許可、農間余業・飼犬・田舟の調査、祭礼や興行の許可などに携わり、将軍の鷹狩の際にも同行した。享保年間の役高は80俵、寛政年間(1789~1801)には鳥見役宅勤務5年以上の者は、御目見(おめみえ)以上の格式が与えられ、100俵となった。1866年(慶応2)廃止。[根崎光男]
『村上直・根崎光男著『鷹場史料の読み方・調べ方』(1985・雄山閣出版) ▽根崎光男著『将軍の鷹狩り』(1999・同成社) ▽根崎光男著『江戸幕府放鷹制度の研究』(2008・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鳥見の関連キーワード榛原(奈良県)桜井茶臼山古墳茶臼山古墳印西(市)けものみち小澤真利奈江戸幕府高橋光臣明石鉄平2月5日三炊屋媛鳥刺し長髄彦歴程所在馬借本埜

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥見の関連情報