鴫・鷸(読み)しぎ

大辞林 第三版の解説

しぎ【鴫・鷸】

チドリ目シギ科とその近縁の科の鳥の総称。一般に、長いくちばしと脚をもつ。水辺にすみ、小魚・甲殻類・ゴカイ類・昆虫などを食べる。長距離の渡りを行うものが多く、日本では春・秋に旅鳥として通過する種が大部分である。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しぎ【鴫・鷸】

〘名〙 シギ科に属する鳥の総称。一般にくちばしと脚(あし)が長く、羽色は褐色に暗色の斑(ふ)のあるものが多い。大きさはヒバリシギのスズメ大からダイシャクシギのカラス大まである。翼は細長く、飛翔(ひしょう)力が強大で、日本には旅鳥として渡来し、ふつう河原・海岸の干潟(ひがた)や河口に群棲する。イソシギ・タマシギ・アオアシシギ・アカアシシギ・ヤマシギなど種類が多い。《季・秋》
※古事記(712)中・歌謡「宇陀の 高城に 志藝(シギ)わな張る 我が待つや 志藝(シギ)は障らず いすくはし 鯨障る」
※新古今(1205)秋上・三六二「心なき身にもあはれはしられけりしぎ立つ沢の秋の夕暮〈西行〉」
[語誌](1)挙例の「古事記」の歌謡から、食用にするシギを罠で捕ったことが知られる。田にいるシギの飛び立つ羽音を詠むこともあるが(「万葉‐四一四」、「神楽歌‐大前張・猪名野」など)、和歌や物語では、「古今集‐恋五」の「しぎの羽根掻き」を踏まえて、女の閨怨の譬えに多く用いる。秋の題とするのは、「天喜五年八月禖子内親王歌合」(一〇五七)が最古である。
(2)「我門のおくてのひたにおどろきてむろのかり田に鴫ぞ立つなる〈源兼昌〉」〔千載‐秋下〕のころから飛び立つ姿を詠むようになるが、歌では鳴き声を詠むことは稀である。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android