コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴻池善右衛門(10代) こうのいけ ぜんえもん

2件 の用語解説(鴻池善右衛門(10代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鴻池善右衛門(10代) こうのいけ-ぜんえもん

1841-1920 幕末-明治時代の実業家。
天保(てんぽう)12年8月2日生まれ。鴻池家の一族山中又七郎の長男。9代鴻池善右衛門の養子となり,嘉永(かえい)4年鴻池家10代。幕府による軍用金の徴発,諸藩への貸付金の廃藩置県にともなう貸し倒れなどにくるしむ。明治10年第十三国立銀行(のち鴻池銀行)を設立。大阪倉庫の設立にくわわった。大正9年6月16日死去。80歳。名は幸富。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鴻池善右衛門(10代)

没年:大正9.6.16(1920)
生年:天保12(1841)
江戸期以来の大坂の豪商鴻池善右衛門家の第10代当主。幸富と称す。幼名丑之助または善九郎。一族の山中又七郎家の長男に生まれ,弘化3(1846)年本家鴻池善右衛門家の養子となるが,養父の9代善右衛門幸実が早く没したため,嘉永4(1851)年,11歳で家督相続した。幸富の時代,鴻池家は幕末維新の動乱期で,経営困難に直面したが,第十三国立銀行の創立(1877)をはじめ,蓬莱社,日本生命,大阪倉庫などの設立に参加,家業の再生に努めた。しかし,経営の実際は番頭や土居通夫,島村久,原田二郎などの外部からの雇用経営者にゆだねることが多かった。幸富は,儒学者篠崎小竹 に学び,また俳諧に通じるなど風流人であったといわれる。<参考文献>宮本又次『鴻池善右衛門』

(宮本又郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鴻池善右衛門(10代)の関連キーワード鴻池加島屋鴻池善右衛門鴻池喜右衛門鴻池善右衛門(2代)鴻池善右衛門(3代)鴻池善右衛門(4代)鴻池善右衛門(5代)鴻池善右衛門(9代)鴻池善右衛門(11代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone