コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴻池新田 こうのいけしんでん

世界大百科事典 第2版の解説

こうのいけしんでん【鴻池新田】

1704年(宝永1)竣工した大和川付替工事の後に,旧川敷,沼沢地跡を開発して創出された30余の新田の一つ。河内国若江郡の北東隅(現,東大阪市)に位置している。大坂の豪商鴻池家の3代目善右衛門宗利の資力によって旧大和川支流(玉串川)の流末沼沢地の一部を干拓して造成した。町人請負新田の代表例とされている。開発経緯は,05年正月に地代金を上納,同年5月着工,鍬下年季年を経て07年8月に完成した。検地高870石3升8合,面積120町1反6歩であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鴻池新田
こうのいけしんでん

大阪府中東部、東大阪市の寝屋(ねや)川左岸沿いの地域。江戸初期までは大和(やまと)川分流の流入する新開池(しんかいいけ)があった。1704年(宝永1)の大和川付け替え後、豪商鴻池善右衛門(ぜんえもん)が干拓して新田とした。旧鴻池新田会所(国の重要文化財。会所跡として国の史跡)が残る。現在は工場地域となっている。JR片町線の鴻池新田駅がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鴻池新田の関連キーワード大阪府東大阪市鴻池元町鴻池善右衛門(3代)鴻池新田会所跡東大阪(市)東大阪[市]鴻池善右衛門大阪(府)草間直方鴻池

鴻池新田の関連情報