コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿角[市] かづの

2件 の用語解説(鹿角[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鹿角[市]【かづの】

秋田県北東部の市。1972年鹿角郡の花輪,十和田尾去沢の各町と八幡平(はちまんたい)村が合体し市制。中心市街の花輪は藩政時代から鹿角地方の行政,経済の中心で,尾去沢は近世から日本有数の銅山(1978年閉山)集落であった。
→関連項目尾去沢

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かづの【鹿角[市]】

秋田県北東部,花輪(鹿角)盆地の中心都市。1972年,鹿角郡花輪町,十和田町,尾去沢町,八幡平村が合体して市制,改称。人口4万1184(1995)。9世紀ころ,この地方は上津野(かづの)といわれた。周辺は奥羽山脈の山並みで,中央部に花輪盆地が開け,米代・大湯・小坂川が三方より流入している。河川の沖積平野は水田化され,山麓は高・中・低位河岸段丘の発達が著しく,果樹園,普通畑として利用される。鹿角リンゴ(ふじ,デリシャス)は県北を代表する果物である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鹿角[市]の関連キーワード大館盆地大湯温泉尾去沢小坂鉱山新庄鷹巣田川津山大館鹿角