鹿角[市](読み)かづの

百科事典マイペディアの解説

鹿角[市]【かづの】

秋田県北東部の市。1972年鹿角郡の花輪,十和田,尾去沢の各町と八幡平(はちまんたい)村が合体し市制。中心市街の花輪は藩政時代から鹿角地方の行政,経済の中心で,尾去沢は近世から日本有数の銅山(1978年閉山)集落であった。花輪線が通じ,東北自動車道が縦貫する。沖積低地は水田,山麓はリンゴなどの果樹園に利用され,野菜栽培,乳用牛・肉牛飼育も活発。十和田地区の主集落は毛馬内(けまない)で,十和田観光の南側の基地。大湯温泉,大湯環状列石がある。尾去沢鉱山跡は〈史跡尾去沢鉱山〉として観光客を集めている。707.52km2。3万4473人(2010)。
→関連項目尾去沢

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かづの【鹿角[市]】

秋田県北東部,花輪(鹿角)盆地の中心都市。1972年,鹿角郡花輪町,十和田町,尾去沢町,八幡平村が合体して市制,改称。人口4万1184(1995)。9世紀ころ,この地方は上津野(かづの)といわれた。周辺は奥羽山脈の山並みで,中央部に花輪盆地が開け,米代・大湯・小坂川が三方より流入している。河川の沖積平野は水田化され,山麓は高・中・低位河岸段丘の発達が著しく,果樹園,普通畑として利用される。鹿角リンゴ(ふじ,デリシャス)は県北を代表する果物である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android