コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄色土 おうしょくどyellow soil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄色土
おうしょくど
yellow soil

温帯から亜熱帯の湿潤地域に分布する土壌型成帯土壌の一種。赤色土と同様に酸化鉄の集積によるB層の発色に対して名づけられているが,酸化鉄と水和している水の分子数が赤色土より多いので,赤みが淡くなる。常緑広葉樹林に由来する腐植集積もみられ,ポドゾル化作用あるいはラテライト化作用の傾向があるといわれるが,成因論的な位置づけは未確定の土壌である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

黄色土【おうしょくど】

湿潤亜熱帯の常緑広葉樹林下に,多く赤色土に伴って分布する土壌。しばしば一括して赤黄色土,赤黄色ポドゾル性土などと呼ばれる。赤色土との差は下層土が黄色なことで,排水不良地,母岩の鉄含量が少ない場合などにできる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

黄色土

熱帯および亜熱帯地域に見られる明確に定義されていない土壌の一群で,この色は酸化鉄が水和作用を受けた程度に支配される[Robinson : 1936].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典内の黄色土の言及

【赤黄色土】より

…西南日本の低山・丘陵・洪積台地上に広く分布している赤色または黄色の下層土をもつ土壌の分類学的名称で,菅野一郎によって命名(1961)された。下層土の色調のちがいによって赤色土群と黄色土群に細分され,両者の相違は局部的な内部排水の良否や母岩に含まれる含鉄鉱物の量質の差にもとづくものとされた。しかし下層土の色調の相違以外には下記のようなきわめて類似した理化学的性質をもち,しかも赤色土群と黄色土群は地理的に隣接して分布するので,赤黄色土という土壌型として一括された。…

※「黄色土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone