コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒姫山古墳 くろひめやまこふん

3件 の用語解説(黒姫山古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くろひめやまこふん【黒姫山古墳】

大阪府南河内郡美原町黒山にある前方後円墳。低平な台地の中央にあり,西面する二段築成の墳丘で,全長114m,後円部径64m,前方部幅65m,高さは前方・後円部ともに11m余ある。北側に造り出しをもち,幅17m余の周濠を有する。二重の円筒埴輪列をめぐらし,後円部上に家,盾,靫(ゆき)などの形象埴輪を方形に並べていた。かつて後円部より石棺を出土したと伝えるが,1947年の調査で,前方部の中央から甲冑,刀剣,矛,鏃,刀子など多数の鉄製武器武具をいれた副葬品用の竪穴式石室を発掘した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国指定史跡ガイドの解説

くろひめやまこふん【黒姫山古墳】


大阪府堺市美原区黒山にある前方後円墳。大阪の南河内の広い平地に所在し、百舌鳥(もず)古墳群と古市古墳群とのほぼ中間に位置する。内部構造の一部が明らかになることで、学術上重要な意義をもたらした古墳。平坦地の古墳としては珍しい幅約5mの周庭(しゅうてい)帯を有しており、古墳文化を知るうえで貴重な遺跡であることから、1957年(昭和32)に国の史跡に指定され、1978年(昭和53)に追加指定を受けた。古墳は全長114m、後円部径64m、前方部幅65m、後円部高11m、前方部高11.6mの2段築成の西向きで、北側くびれ部に造り出しがあり、墳丘の周囲には幅13~18m、深さ2mの周濠をめぐらす。墳丘上には埴輪(はにわ)列と葺石(ふきいし)がみられ、後円部には刳()り抜き式石棺を据え、前方部には竪穴(たてあな)式石室がある。石室から多量の甲冑などが検出されたことなどから、古墳時代の中期(5世紀中ごろ)に周辺を勢力圏としていた豪族の丹比(たじひ)氏によって築造されたと考えられている。現在は、史跡黒姫山古墳歴史の広場となっている。近畿日本鉄道南大阪線河内松原駅から近鉄バス「大保」下車、徒歩約5分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒姫山古墳
くろひめやまこふん

大阪府堺(さかい)市美原(みはら)区黒山にある古墳。陪塚(ばいづか)(いまは消滅)を備え濠(ほり)が巡り、墳丘の長さ114メートルの前方後円墳。第二次世界大戦中の松根掘りによって前方部で竪穴(たてあな)式石室が掘りあてられ、1947年(昭和22)から49年に末永雅雄(すえながまさお)と森浩一(こういち)が調査した。石室内は短甲24、眉庇付冑(まびさしつきかぶと)と衝角(しょうかく)付冑計24からなる甲冑(かっちゅう)でいっぱいになっていて、人体埋葬の形跡はない。後円部にはかつて石棺があったとも伝えられており、後円部の被葬者に対する武器埋納用の石室であろう。後円部の埋葬施設の上には、家、盾、靭(ゆき)などの形象埴輪(はにわ)が方形に配置され、さらに墳丘を円筒埴輪列が二重に巡り、その外側に蓋(きぬがさ)埴輪を配置している。1957年国史跡に指定された。[森 浩一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒姫山古墳の関連キーワード大阪府堺市美原区阿弥大阪府堺市美原区今井大阪府堺市美原区大饗大阪府堺市美原区黒山大阪府堺市美原区菅生大阪府堺市美原区太井大阪府堺市美原区大保大阪府堺市美原区多治井大阪府堺市美原区丹南大阪府堺市美原区平尾

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒姫山古墳の関連情報