コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼠の草子 ねずみのそうし

2件 の用語解説(鼠の草子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鼠の草子
ねずみのそうし

室町時代成立の御伽草子。作者不詳。内容は,京都四条堀河院のあたりに住む老鼠が,人間の娘と契りを結んで畜生道から子孫を救おうと志すが,結局意のごとくならず,発心して高野山に登るという話。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ねずみのそうし【鼠の草子】

鼠の草子》と呼ばれるものには3種類がある。(1)御伽草子。室町期の成立。いずれも絵巻物の形をとり絵の中に作中の鼠の擬人名や会話などが絵解き式に書き込まれているのが特徴。その中でも天理図書館蔵本中の一巻本の一本は発端の部分を欠くが,文詞や絵画表現の形式は古様を帯び,典型的な御伽草子と言える。その他,同じ筋の一巻本(東京国立博物館),五巻本(サントリー美術館),三巻本(ニューヨーク公立図書館スペンサーコレクション)などは絵巻の表現形式や文詞がほとんど同一で,室町末期に商品として絵草子屋により売られたものか。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鼠の草子の関連キーワードユーティリティ音部記号塊茎寄生虫牧草呼ばれる嘲るものの座軟玉岩Core i7/i5/i3ワンコ (Over-reach Boots or Bell Boots)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone