コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼠の草子 ねずみのそうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鼠の草子
ねずみのそうし

室町時代成立の御伽草子。作者不詳。内容は,京都四条堀河院のあたりに住む老鼠が,人間の娘と契りを結んで畜生道から子孫を救おうと志すが,結局意のごとくならず,発心して高野山に登るという話。いわゆる怪婚説話に仏教色の付加されたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねずみのそうし【鼠の草子】

《鼠の草子》と呼ばれるものには3種類がある。(1)御伽草子。室町期の成立。いずれも絵巻物の形をとり絵の中に作中の鼠の擬人名や会話などが絵解き式に書き込まれているのが特徴。その中でも天理図書館蔵本中の一巻本の一本は発端の部分を欠くが,文詞や絵画表現の形式は古様を帯び,典型的な御伽草子と言える。その他,同じ筋の一巻本(東京国立博物館),五巻本(サントリー美術館),三巻本(ニューヨーク公立図書館スペンサー・コレクション)などは絵巻の表現形式や文詞がほとんど同一で,室町末期に商品として絵草子屋により売られたものか。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

鼠の草子の関連キーワード木幡狐

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android