コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龍野藩 たつのはん

2件 の用語解説(龍野藩の意味・用語解説を検索)

藩名・旧国名がわかる事典の解説

たつのはん【龍野藩】

江戸時代播磨(はりま)国揖西(いっさい)郡龍野(現、兵庫県たつの市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は敬楽館(けいごうかん)。赤松氏、池田氏の支配を経て、1617年(元和(げんな)3)、上総(かずさ)国大多喜(おおたき)藩から本多政朝(ほんだまさとも)が5万石で転封(てんぽう)(国替(くにがえ))して立藩。26年(寛永(かんえい)3)、政朝は兄忠刻(ただとき)の死により姫路藩の藩主となり、代わって忠刻の甥の小笠原長次(ながつぐ)が入封。その後、岡部氏、京極氏を経て、72年(寛文(かんぶん)12)、信濃(しなの)国飯田藩から脇坂安政(わきざかやすまさ)が5万3000石余で入封、以後明治維新まで脇坂氏が10代続いた。脇坂氏は、もともとは外様(とざま)大名だったが、安政が老中堀田正盛(ほったまさもり)の次男だったことから譜代(ふだい)大名となった。1834年(天保(てんぽう)5)に藩校敬楽館を創設。71年(明治4)の廃藩置県で龍野県となり、その後、姫路県、飾磨(しかま)県を経て、76年兵庫県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

龍野藩
たつのはん

播磨(はりま)国(兵庫県)揖東(いっとう)・揖西(いっさい)・飾西(しきさい)3郡にわたる外様(とざま)大名脇坂(わきざか)氏の藩。この地は中世には赤松氏、近世初めには姫路藩池田氏の支配地であった。1617年(元和3)池田光政(みつまさ)が因幡(いなば)鳥取に移るに及んで、上総(かずさ)(千葉県)大多喜(おおたき)より本多政朝(ほんだまさとも)(石高(こくだか)5万石)が転封し、龍野に城を構え、龍野藩をたてた。1626年(寛永3)政朝が姫路藩を相続すると、小笠原長次(おがさわらながつぐ)(6万石)が来封、ついで32年長次が豊前(ぶぜん)(大分県)中津に移るや、翌年美濃(みの)(岐阜県)大垣(おおがき)から岡部宣勝(おかべのぶかつ)が5万石余で転入、さらに36年宣勝が摂津(せっつ)(大阪府)高槻(たかつき)に移るや、翌年出雲(いずも)(島根県)松江から京極高和(きょうごくたかかず)が6万石余で入部、58年(万治1)高和が讃岐(さぬき)(香川県)丸亀に移ると、しばらく天領となり城はつぶされた。1672年(寛文12)信濃(しなの)(長野県)飯田から脇坂安政(やすまさ)が5万3000石余で入部、城を修復しふたたび藩領となった。安照(やすてる)、安清(やすきよ)、安興(やすおき)、安弘(やすひろ)、安実(やすざね)、安親(やすちか)、安董(やすただ)、安宅(やすおり)、安斐(やすあや)と続いて明治に至った。安董は寺社奉行(ぶぎょう)から老中となり天保(てんぽう)の改革に加わった。内政にも意を用い、藩校敬楽館(けいごうかん)を創設して藩士の教育を行った。1871年(明治4)廃藩、龍野県、姫路県、飾磨(しかま)県を経て76年兵庫県に編入された。[小林 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

龍野藩の関連キーワード播磨節播磨播磨潟播磨風土記小笠原一斎岡部拙斎真実庵一斎竹本播磨少掾(2代)播磨屋清兵衛山田逸斎

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

龍野藩の関連情報