コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CCS(海洋) CCS

世界大百科事典内のCCS(海洋)の言及

【炭酸塩補償深度】より

…さらにCCDはかなり広域にわたる個々の海域で一定であるが,海洋全体としてみると大洋の中央部では深く(水深5~5.5km),大陸周縁では浅く(水深約3km),最大起伏約2kmもある一つの面である。これを炭酸塩補償面(CCS)と呼ぶ。そして,この面と海底地形面との交線を炭酸塩線と呼ぶ。…

【炭酸塩補償深度】より

…さらにCCDはかなり広域にわたる個々の海域で一定であるが,海洋全体としてみると大洋の中央部では深く(水深5~5.5km),大陸周縁では浅く(水深約3km),最大起伏約2kmもある一つの面である。これを炭酸塩補償面(CCS)と呼ぶ。そして,この面と海底地形面との交線を炭酸塩線と呼ぶ。…

※「CCS(海洋)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

CCS(海洋)の関連キーワードCCS(二酸化炭素の回収・貯留技術)SCSI-1NTTデータCCSムラテックCCSクリーンコールテクノロジー中央指揮所CCSバイオマスCCS符号化文字集合橘真由

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android